『ダーウィンフィンチ』(デイヴィッド・ラック著)

D.ラックがガラパゴス諸島にやってきたのは1938年。今世紀でも1、2を争うほどの雨の多い雨期だったそうだ。彼はこの夢の島に4ヶ月間滞在し、精力的にフィンチ類の野外観察を行った。さまざまな形状のくちばしをしたフィンチ類がどの島に住んでいるかを示す分布図を作り、その結果、形状が近い物どうしは同じ場所にいないこと、すなわち自然選択の力が働いていることに気づいた。その顛末を一般の読者にも分かりやすく著したのが本書だ。1947年に出版された。

ダーウィンフィンチ_20180214

写真右は浦本・樋口による翻訳書。左は1983年に出版された原書の改訂版。本書にまつわる歴史的な背景がイントロとして提示され、ついで各章毎の要点と最新の研究成果からのコメントがノートとして整理されている。図(一部カラー)と写真も取り込みなおされてシャープさが増している。

【蛇足】 ただし読みやすい本ではない。特にフィンチ類と島々の名称に慣れるまでしばらく時間が掛かった。その山を越えられないと途中でギブアップするかも。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる