FC2ブログ

『メンデル 遺伝の秘密を探して』(エドワード・イーデルソン著)

ここ何年か、生物の分布を主な関心事として生活しているが、いつも、生物そのものについても、もっとよく知りたいと考えている。高校~大学では主に数学や物理を勉強してきたため、生物の基礎ができていない。特に遺伝・染色体・DNA等について、よく理解していない。

例えば有名なメンデル。メンデルは一体、何をしたのか?それについて、この本は初心者にも分かりやすく答えてくれている。はじめの一歩。

メンデル 遺伝の秘密を探して

メンデルは遺伝学の基礎を築いた、という途方もない業績だけでなく(生前はほとんど無視された)、気象学(毎日の風向風速や気温、オゾン量を定期的に観測し、平年値を算出して比較する、という統計学的手法を導入)、養蜂(品種の改良とその手法の開発)、園芸(新しい品種の改良)、天文学(黒点を11ヶ月間観測)など多くの分野において功績を残している。

メンデルは、教職→修道院院長として重い責務を果たしながら、広範囲な自然科学への興味を持続させた。公正な人柄で一般人からの信頼も集めていた、という。恐るべき人物だ。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる