FC2ブログ

薪ストーブに火を入れる

昨日、薪ストーブの『火入れ式』(初めて火を焚く)に参加させてもらった。場所はニセコ山麓の友人宅で、一週間後に引き渡しを控えているという新築の家だ。
火入れ式_20171114_3

天板の上に置いてあるのは温度計。慣らしの温度としては200℃程度が目安とのこと。薪ストーブは鋳物だが、周辺はコーティングされており、初めのうちだけ塗料が焼けて煙が出る。

炎が安定するまでに少し時間が掛かった。燃え方は、薪の状態や部屋の機密性、外気温や風の有無など様々な要因で変化するという。それを薪の量や組み方、扉の開け閉めなどでコントロールしていく。確かに手間だが、手間も楽しみの内。木や炎との対話を楽しみながら、生活のための熱源を確保する営みは、正直、羨ましい。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる