ツヤクロスズメバチとハリガネムシ

一昨日、サイクリングロードで蟻に引っ張られているところを横取りした、ツヤクロスズメバチ。

ところが毒瓶に入れておいたところ、腹部末端からハリガネムシと覚しき寄生虫が脱出してきているのに気がついた。引っ張り出して並べたのがこの写真↓。

ツヤクロスズメバチ_20170806

ハリガネムシは人間には寄生できないらしいが、それにしてもおどろおどろしい生き物じゃて。

ここには掲載しなかったが、同じ日に拾ったセミ=コエゾゼミからはナント!23匹の寄生バエの幼虫=ウジ虫が脱出してきた。

死んだ、あるいは弱った虫の中には何かがとりついている可能性が高い。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる