自転車の爺さんに置いていかれた話

最寄りのJR駅方面から続く坂の途中、信号機でママチャリ爺さんと並んだ。爺さん、ラジオを鳴らして、青信号を待っている。

…と、直ぐに信号は青に。すまないな爺さん、坂道なんでお先に失礼するよ、と心の中でつぶやく。漕ぎ始めて直ぐに異変に気がつく。爺さんのチャリに置いていかれているではないか。どうやら爺さんの自転車には電動の駆動系が付いているらしい。鼻歌で急坂を登っていく。

こちらはただのママチャリだが、頂上まで立ち漕ぎで粘ったよ。しかし、到着したときには既に爺さんの姿は遠い彼方へ。汗だくで喘ぎながら考えたことは、

世の中どれだけ便利になっても、坂道を自転車で漕ぐとしんどい、ということ。これは生活の原点になるかも。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる