谷川晃一氏の言葉

昨夜、NHK日曜美術館を見た。

谷川晃一氏が語った言葉の中で特に心に残ったのは、「絵画を祝福するために描く」と言われたこと。

何かに祝福される人間、というのはこれまでにも聞いたことがある。それだけ何かに打ち込んできたからこそ、その何かから祝福されたかのような成果を上げる。そのことを言うために。

しかし、谷川氏が言われたことはそういうことではない。絵画そのものを祝福したいのだと。生きるために生きる。生物の本質をそのように表現した人もいた。何かそれに近いような印象を受けた。爽快な気持ちになった。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる