異質なモノの組み合わせ

それはJazzの魅力でもある。心地よいコード進行が続く予定調和の音楽は、安らかだが飽きてしまう。

絵画やデザインにもJazzが聴き取れる時がある。異質なモノの組み合わせ。心地よいだけではなく、心がざわつく。安らかではないが、忘れられない。

Joni Michellの”Woodstock”を聴く。1970年、延べ60万人を動員したと言われるイギリス南部のワイト島で行われた野外フェスのステージで、観客の一部が暴徒と化し、混沌とした会場で、野次やブーイングが浴びせられる中で、頭を冷やせと語り、歌いきった歌。ここでは冒頭のイントロが異質で引っかかる、スタジオライブを。

この曲はJoni Michellが書いた曲だけど、初めはクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングがカバーしてヒットした曲

そのクロスビーが最近、若い人たちと歌っているのを聴いたけど、イイ声だね~、この爺さん(笑)。

プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる