ハッタンキョウ

先日、むらかみ農園さんからハッタンキョウの切り株を分けていただいた。
小口木版の材料を探していたのだが、相談してみるとハッタンキョウの幹はとても硬いという。

ハッタンキョウのキョウは杏。
バラ科モモ属の落葉高木。スモモの仲間だが、スモモとは別種とのこと。

夕方、暗くなってから、試しに一枚、輪切りにしてみた。
輪切りにしてみた、と書いたが、実際にはそんなに甘いもんやなかった(T_T)

とにかく硬い。そして、伐採後、日がたっていないので、まだ湿気っている。
さらにノコギリのメンテが最低で切れない。

おまけに今日は真冬日で、何が悲しくて日が暮れてから玄関先で丸太切りをせにゃあならんのか!?
筋肉も錆錆で悲鳴をあげ、お腹はペコペコ。
ハッタンキョウ_1

シベリア抑留のことをふと想起した。想像を絶する寒さと飢えの中の重労働。
あの環境から俺は生きて帰れただろうか?
抑留から戻ってきた画家・香月泰男氏のことを思い出した。

しかし、過酷な労働にもいつかは終わりが来る。その成果がこれ↓。
まだ湿気っているけど、十分、小口木版に使えそう。村上さん、ありがとう!!
ちなみに年輪を数えてみると、27〜28年というところでした。

ハッタンキョウ_2




プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる