最後の追い込み

昨日は天気が良かったので、久しぶりにハナバチの採集に出かけた。吸蜜源の大半はオオアワダチソウである。花期の最盛期は過ぎ、開花個体も残り少なくなってきている。

その残り少ない花に沢山のハナバチが集まってきていた。
ハナバチ_20160919_仁別

温帯地域のハナバチの越冬態は、前蛹(摂食後幼虫)もしくは成虫がほとんどで、蛹越冬はチリ産のミツバチモドキ科で1例が知られているだけ。後者の成虫越冬では、育房内越冬か一度外出して摂食後に越冬か、のいずれかとのこと。以上は『独居から不平等へ』(坂上昭一・前田泰生著)から引用。

さて、オオアワダチソウに集まって来ていたハナバチ達は、越冬前の成虫たちだろうか?

ハナバチ_20160919_仁別_2
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる