天気予報 はずれ

そんなことで急遽、フィールドへ。ええ天気やった。
川のそばではクサシギやジシギの仲間を見かけた。
既に移動の時期とみえる。もう季節は秋やね〜。

sky_20160827.jpg

追記:ジシギはタシギでした。日本で確認されるジシギ類=Gallinago属は、タシギ、ハリオシギ、チュウジシギ、オオジシギ、アオシギの5種。アオシギを除く4種が極めてよく似ているため、識別が難しい種とされています。

今回は残念ながら100mmマクロレンズしか持っていなかったのですが、一度近くから飛び立った後に戻ってきてくれたので、注意深く近づいて距離を詰め、近距離から飛翔中の個体を撮影することができました。個体はペアでいました。警戒して飛び立った時には「ジェッ、ジェッ」と鳴きながら飛翔し、ジグザグに揺れながら飛び去っていきました。

写真にはタシギの重要な識別点とされる部位が写っていました。次列風切先端の白帯と翼下面の淡色です。

タシギ20160827_4
* 次列風切先端の白帯は6mm程度の巾があるそうです

タシギ20160827_5
* 翼の下面は明らかに淡色です

なお、ジシギの識別点については、「地鴫屋の独り言」さんのサイトで勉強させていただきました。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる