コンボウハバチ科の一種

コンボウハバチ科の一種_20160616

道北の某所にて観察。ヤナギの葉の上に乗って、近寄る同種?にちょっかいを出しては元の位置に戻ることを繰り返していた。場所を防衛しているのか、配偶者を待っているのか?

はじめ双翅目と見ていたが、写真を拡大してみるとハバチ科のコンボウハバチ類であった。モモブトハバチ属と思われるが、詳細は不明。同属ではルリモモブトハバチとウスキモモブトハバチ(の幼虫)がヤナギ食と分かっている。

アンテナの先端の膨らみがカワイイ。その一方で大きな牙が怖い。このアンバランスが不思議な雰囲気を醸し出している。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる