戻りました

私事で恐縮ですが、先週一週間、心臓の手術で入院しておりました。おかげさ
まで今のところ経過は順調ですが、まだ回復途上といった感じ。。担当医から
は、有酸素運動までは許可いただいていますが、まだチト怖くて走れません。

入院中は丸山宗利著・『アリの巣をめぐる冒険』を読んでいました。本文中に
何名か知人が登場したので、その分、親近感をもって楽しめました。

沢山の好蟻性昆虫(ある生物が生活史の中で多少ともアリと共生あるいは依存
がある昆虫)が紹介されていましたが、私は特に、札幌円山で採集されたとい
「アリクイエンマムシ」を見てみたいと思いました!

先ず格好いいし、超レアなところもそそられます。クサアリ亜属の巣で発見さ
れるそうですが、著者が調べた200巣で見つかったのはたったの4巣!日本のエ
ンマムシの中でも、最もレアな種のひとつとのこと。

調査適期は、積雪地帯では雪解け後〜数週間だと書かれてあります。春が来た
ら近郊の山でクサアリの巣を探してみましょう。たとえエンマムシが見つから
なくても、森を見るための新しい視点が得られるに違いない、と期待していま
す。

そのためには先ず、健康にならなければ!

アリの巣をめぐる冒険


プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる