『盛岡の喫茶店 おかわり』(奥山淳志・木村衣有子著)

岩手の地方出版社・まちの編集室が作成されているブックレットの一冊。

盛岡在住の写真家・奥山さんと東京在住のライター・木村さんによって、盛岡市内の個性的な喫茶店が、写真と文によって紹介されている。

奥山さんは、『明日をつくる人』以来のファンで、被写体との関わり方に学ぶことが多い写真家だ。写真も、カラーであるが、今時珍しいネガカラーフィルムを用いて、さらに自分で印画されているらしい。だからだろうか、奥山さんの写真は、デジタルのコントラストの強い描写とは対極の、まるで琥珀の膜を通してみるような、不思議な色合いと軟らかな描写が魅力になっている。

それから、被写体への尊敬がにじみ出る文章も魅力で、何度も繰り返して読んでしまう。奥山さんの文章や写真に魅きつけられるのも、彼の”世界との距離感”に共感できるからだろう。

img078.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる