花粉団子の色

ミツバチの仲間は後脚の脛節(ケイセツ)に花粉団子を作って巣に運ぶ。その団子の色は集める花
の種類によって変わるのだが…、

今、札幌近郊の水辺ではエゾミソハギが満開で、そこにやってきていたセイヨウミツバチとマルハナ
バチの花粉団子の色を見て驚いた!

mitsubachi_20150829_1.jpg
 *セイヨウミツバチ 2015年8月29日 江別某所

seiyoumaruhana_20150829.jpg
 *セイヨウオオマルハナバチ 2015年8月29日 江別某所

…どうです、美しいエメラルドグリーンでしょ!
 花粉団子の色は、よく見かける「黄色」ばかり、ではないようです!

このミツバチが集める花粉団子の色の多様性と美しさに魅かれて、花毎の団子のカラープレートを
作成し、それを直接張り込んだ、トンデモナイ本を作ってしまった人がいまして…、

Dorothy Hodges、驚くべきイギリス女性。1952年発行の”The Pollen Loads of The Honey Bee”
の著者。この本のことは、またいつか機会があれば紹介してみたい。

さて、肝心のエゾミソハギ(Purple Loosestrife)のカラープレートですが、この本の最後の頁
にありました。色もぴったりですね。

polen load
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる