盤渓市民の森にて

今日は最高に天気がよい札幌。午前中、盤渓市民の森を歩いてみた。
渓流沿いだからか、アカウシアブ等吸血昆虫が多く、閉口する。

川沿いに大きな枯死木が立っていて、キツツキや虫に掘られた穴がいくつも開いていた。
その中の一つの穴に固執する大型のヒメバチに気がつく。

最初に目がいったのは、腹部の末端に形成された、翅のように見える白っぽい膜?
おそらく何らかの生態的意味があるのだろう。出したり引っ込めたりしている。

himebati_20150802_2.jpg
himebati_20150802_1.jpg

ノリウツギの花に沢山のハナバチやカミキリが来ていた。
アザミやセリの花は終わってしまい、替わりにオオハンゴンソウの花が咲き始めた。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる