庭に来るハチ

ミツバチ科ツヤハナバチ属(Ceratina属)の多分、ヤマトツヤハナバチ。撮影と採集は両立しない、という話もある。その通り、この後ハチは飛んでいってしまわれたのであった(涙)。

福田・坂本ほか(1973)『東北海道, 浜小清水におけるハナバチ相の生態的調査』によると、オホーツク地方ではCeratina属が著しく少ない、という。今度、確かめてみたい。

また、本田睨著『蜂の群れに人間を見た男 坂上昭一の世界』によると、このヤマトツヤハナバチは野外で複雌巣が確認されている種で、よく似たキオビツヤハナバチは確認されていない、という。姿は似ていても好む環境も異なる完全なる別種。面白い。

IMG_1355.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる