青春を山に賭けて

穏やかな朝だ。
昨日融けた雪が凍って、歩道がスケートリンクみたくなって、歩きづらい。
雪面も堅雪になってきた。桃姫ならどこへでも行けそうだ。
IMGP5264.jpg

下の子がこの間、植村直己の本を図書館から借りて読んでいた。
本を読むなんて珍しい。しかも面白かったらしい。
今度は『青春を山に賭けて』を薦めてみよう。名著だ!
家の本箱を探したけれど見つからず、仕方ないので図書館に予約を入れた。

青春を山に賭けて (文春文庫)青春を山に賭けて (文春文庫)
(2008/07/10)
植村 直己

商品詳細を見る
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる