クラリネット奏者 ストルツマンのこと

【8:30~9:30:曇り/雲量:10/層雲~層積雲】
暖かな朝だ。国道は舗装道路になっていた。


これも望月さんの本から教わったことだが、世界的なクラリネット奏者・ストルツマンのこと。

「しかし私には夏の橋の途中から、聞こえてくる音楽がある。…」

「それはストルツマンのクラリネット。
 暑さの中にわずかに澄んだものが紛れたことを知らせるために、必ず聞こえてくるのである。」

(以上、『方舟に積むものは』・「橋の途中から」から一部を引用)

クラシックはもとより、チック・コリアやキース・ジャレットとの競演もある、音楽的にものすごく幅の広い人。
つい最近もニューヨークで初めての?ジャズコンサートが開催されたようですよ。
マリンバ奏者の吉田ミカさんをMy Fiancéeと紹介していますね。

ところでクラリネットって、こんな音色の楽器だったっけか??イメージが変わりそう。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる