『ツノゼミ ありえない虫』(丸山宗利著、幻冬舎)

幻冬舎って、こんな本も出版するんだ!

日本では初めてのツノゼミ本。

セミという名がついているが、蝉ではない。

過剰進化の結果か? 面白い!

コンパクトな写真集で入門書にもなっているけれど、もう少し専門的でも良かったのに…、と思う。

熱帯雨林、特に南米がもっとも種類が多いのだそう。探検昆虫学者・西田賢司氏のサイトを見よ!

熱帯のツノゼミに比べると日本のそれ(十数種が確認されている)は地味やなぁ。

しかし、最大種・ニトベツノゼミにはいつかお会いしたい!!(北海道には残念ながらオラン(涙))


ツノゼミ ありえない虫ツノゼミ ありえない虫
(2011/06/23)
丸山宗利

商品詳細を見る


プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる