ミニバス全市・女子決勝 観戦記

昨日はミニバスの全市大会・女子決勝・上西VS大曲戦を見てきました。
一点差の接戦を制したのは大曲。
全体の流れとしては、組織プレーの大曲VS個人の能力に長けた上西、という印象。

大曲は「基本に忠実なプレー」が目立ちました。
ボールをもらうときは必ずミートしてもらっていたし、身体は大きくないのに皆、パスが強い!
これって大事だよね。

エンドラインからはパス&ランの繰り返しが見事で、それが連動しているのでボール運びが確実で早いこと。
中途半端なゾーン・プレスを仕掛けても、たぶん通用しないだろう。
どうやったらあのように指導できるのでしょうか?教えてほしい!

上西は序盤でのファールがひびき、中心選手が早々に退場したのが痛かったなぁ。
アレがなければ展開が変わっていたかもしれない。タラレバですが…。
審判さんの笛が少し軽かった印象。プレーに影響のない接触まで吹いていたのが気になりました。

ベスト4に入ってきたチームはどこも素晴らしいレベルでした。
全道大会での活躍が楽しみです。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる