許容する力とは

好きな写真家に東川の飯塚さんがいます。

彼の最近のブログに琴線に振れるフレーズがありまして、

「…我々大人達は、子供らを枠に収めようとするのではなく、枠を外してやること、
 ここまでやっても大丈夫なんだよという最低ラインを示してあげることだけで
 いいのではないでしょうか。
 枠をはみ出し勢いのまま外にはみ出そうとする彼らのエネルギーを許容する力。
 それこそが我々大人に必要なんだと感じました。…」 (以上、飯塚さんのブログから)

「こんなスゴイ経験をしてきたのだぞ!」とエバルことなく(私はよくエバル)、
 子供たちの予想もしないアクション&リアクションに対して、
「そういうのもありだね」と許容してあげることができるかな。
 内心はドキドキしながら…、でも(汗)。

最近、やけに尖ってきた次女のリアクションに対しても、大らかに備えたいと思います。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる