書道→バイク→水泳

朝、中国の古典の臨書に挑戦。…と言っても、筆ペンしかなく、とにかくそれで始めることにする。書きたい、と思ったのは楷書の古典=雁塔聖教序。これ↓初めてのトライ。
書道_20170331_1

それを見たカミさんが、自分の中学時代の習字セットを出してきてくれた。…と、その中にカミさんの習字が残っていたのがこれ↓。偶然にも同じ雁塔聖教序の冒頭であった。
書道_20170331_3

私の手本はこちら。とにかく、先ずは筆を手に入れなければ…。
雁塔聖教序

午前は冬季預かりのSR400を出しにいった。少し汚れていてショック。気を取り直して、キック一発始動!!久しぶりのシングルの鼓動が心地よい。昨夜降った雪を注意深く避けながらの帰宅。

夕方、カミさんと近くの体育館に行って水泳、あるいは歩行。水中の1時間の歩行は思ったよりも脂肪と筋肉に効きそう!!カミさんは隣の子供用のプールでビート板。お互い、メタボ解消に邁進する所存だが、さて結果は如何に?

小川糸さんの著書

ここのところ、まとめて小川糸さんの著書を読んだ。

本屋大賞にノミネートされている『ツバキ文具店』。
デビュー作にしてベストセラーになった『食堂かたつむり』
日々の過ごし方を吐露した『これだけで、幸せ』、『たそがれビール』。

どれも生きること=食べることに比重が置かれていて、好ましい。
それから小川さんのモノに対する考え方にも共感できた。

少数の、墓場まで付き合いたいと思えるモノ達だけに囲まれて生活したい。
私もそう思う。

『ツバキ文具店』は4月からNHKのドラマにもなる、とのこと。
配役も含めて、楽しみにしている。

旅立つ娘

三女が大学入学のため、今日東北へ旅立っていった。
どうやら無事、新幹線に乗れたらしい。↓北斗駅から送られてきた写真。
おぬし、いったい何者??

image2.jpg

着いた、ですと。
nepurta_20170328.jpg

久々のススキノ

昨夜はバスケの後輩達とススキノで飲んだ。日本清酒(株)(札幌市)の「十一州」という日本酒をいただいたが、美味でした。ついつい飲み過ぎて帰りが大変でしたが…^_^;

street_20170325.jpg

庭に雪だるま

昨日〜今日にかけて30cmほどの積雪があった。春の湿った雪。

帰省中の娘達が庭に雪だるまを作った。左が長女作、右が次女作。
snowball_20170324.jpg

その娘達は本日、それぞれ本州に帰っていった。次は夏でしょうか? 雪だるまは、夕方には首は上空を仰ぎ、目鼻は脱落、明日には融けてしまうだろう。

初乗り

夕方、納屋から自転車を出して今シーズンの初乗り。45分=10kmの軽いラン。天気も素晴らしく、気持ちがいい!途中で散歩中の元上司に会う。

厚別川の上に架かるレインボーブリッジ。
sky_20170320_1.jpg

厚別川は雪解け水で水量が増えている印象。春を感じる。
sky_20170320_2.jpg

快晴の札幌

暖かな一日。雪解けが進む。
sky_20170318.jpg

ヘブン 赤いバンダナ

うちの犬のしるし
    赤いバンダナ

ロッシーも桃姫も
 天でいつか会ったときに
 うちの犬と気づけるだろう

会ったことのない犬同士でも
 赤いバンダナをつけていると
 すぐに気がつくだろう

同じ小屋に入った者同士だと

ヘブン

ど根性ガエル?

京都の次女が昨日から帰省中。これは↓お土産ですと笑

dokonjyogaeru.jpg

歩道を自転車が走り始めた

まあ、冬でも走っている猛者もいるけどね。凄いと思うよ。重そうな太いタイヤをはいて。昨日も歩道に自転車の轍を見つけたけど、これってノーマルのオフタイヤだろうか?? いずれにせよ、早く乗りたいね〜。

road_20170308.jpg

sky_20170308.jpg



やれやれ 合格っす!

長かった子ども達の受験もこれで一段落。

やれやれ、ほっ (^_^)/

鼻炎の原因は?

最近、鼻がむずむずする。鼻炎の原因は花粉か? それを確かめるために、昨日、庭先の桃姫の小屋の上にプレパラートを置いておいた。

置いて2時間ほどで雪が降り始めたの取り込んだ。検鏡の結果、それほど多くはないものの花粉が補足されていた。外形から少なくとも3種類が含まれていた。花粉はグリセリンで補足した後、塩基性色素で染色しただけ。

Poll20170305_01.jpg*トゲトゲの形態からキク科のように思われるが、周辺にはまだタンポポなどは見られない。

Poll20170305_02.jpg*ラグビーボール様の形態からユリ科が想起されるが、春に咲くユリ科って?

Poll20170305_03.jpg*この型の花粉が一番多かったが、今のところよく分からない。鼻炎の原因として、始めハンノキを疑ったが、残念ながらハンノキの花粉は含まれていないようだ。

以前に撮影したハンノキの花粉↓ハンノキの花粉は綺麗な5角形を呈するので、区別は付くと思われるのだが…。
poll20110410_1_ハンノキ類

本の下線

本にやたらと線を引く人がいるが、私はめったに引かない。なぜなら読んだ本を売るから。下線を引いてしまった本は価格を下げざるを得ないので。

それでも容赦なく下線を引く本も、稀にはある。つまり、その本は売るつもりがないということ。死ぬまで側に置いておくつもりの本。

本の下線で思い出すのは大学時代の恩師のこと。学校の本にもかかわらず鉛筆で線を引っ張っておられた。まあ、先生が専門とされていた分野の本を読む人は、教室にはほとんどいなかったのだが、たまには私のような変わり種が現れ、下線に気がつくこともあった。

ただ私は、それらの下線に嫌な感じを持ったことはなかった。むしろそれは、ホワイトアウトした雪山に残された先行者の足跡のごとく、不思議な安堵感すら感じた。

下線_20170302
*『明解 基礎英語』(牧雅夫著)P34から
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる