何故こんなところに?

1月最後の日は割かし穏やかな一日となりました。やっぱ雪、少ないね。
sanpo_20160131_1.jpg

こんなところでウサギの足跡を見るのは初めてのことだ。住宅地の縁でっせ?
sanpo_20160131_2.jpg

北海道のハナバチ相の解明度は?

すみません、引き続きマニアックな話題です。

ロシア科学アカデミーのプロシュカリキン博士が「日本のハナバチ相はとてもよく研究されています」と教えてくれたので、なるほどそういうものかと考えたが、それを確認してみることにした。

まず、日本におけるハナバチ相の解明度を図に整理された方がおられる。ムカシハナバチ科の第一人者、幾留秀一氏である。

ハナバチ相の解明度合い_3
*『昆虫採集学 第二版』(馬場金太郎・平嶋義宏編、九州大学出版会、1991年)、p338より引用

図を見ると、北海道や九州の北部は解明度が高い。これはハナバチの研究者の密度を反映しているのではないか。北海道には北大の故坂上昭一先生や福田弘己先生、教育大函館の故棟方明陽先生がおられ、一時期、精力的にハナバチ相の調査がなされた。九州は言うまでもなく、ハナバチ研究のメッカだ。

次に地域の内訳を確認してみたい。北海道でハナバチ相調査が実施された地点を図示してみた。
ハナバチ調査地点_北海道_low

一見、北海道一円が調査されているように映るが、それでも広い北海道、これだけでいいの、というのが率直な印象。特に興味の対象であるムカシハナバチ属の仲間は大陸では乾燥地帯に多いとのことなので、北海道ではおそらくは草地環境を好むと思われる。それであれば、海岸沿いや河川沿い、高山帯などをもっと広く調査しなければ足りないような気がする。

次に調査結果の内訳(科毎の種数と個体数(カッコ内))を整理してみたい。
なお出典を整理すべきところと思いますが、後ほど追記にて対応します。
ハナバチ相調査の概要_2

まず気がつくのは、調査時期が古いこと。私がまだちっちゃい頃(汗)。手持ちの文献だけを整理したので、新しい調査結果が反映されていない可能性があるが、それを差し引いても、肝心のムカシハナバチ属(Colletes)の標本の少なさが目立つ。集計すると全体で123個体しか採集されていない。幾留先生が1989年にムカシハナバチ科の再検討をされた時、北海道関連分ではこれらの標本がベースにされたのではないだろうか、と想像している。

結論。ムカシハナバチ属は元々生息数は少ないが、それにしても、これまでの調査で北海道のムカシハナバチ相が十分に把握されたとは言えないのではないか。だから、アマチュアとして探索の対象としても、それなりの成果が得られるのではないか、と考え始めている。

続く(引き続き情報の収集に努めたいと思います)。

裏山の哺乳類

この界隈は市境界にあたるため、比較的たくさんの緑地が残されています。
そんなことで割りかし野生動物に出会う機会も多い。

エゾリスは常連さんで、ほぼ毎回見かけます。足跡もこの通り。
sanpo_20160129.jpg

エゾユキウサギは姿を見ることはほとんどありませんが、降雪後には足跡を見かけます。
sanpo_20160129_3.jpg

この個体は林から走って来て(前写真)、市道を横断して河川方面に向かったようです。
何かに追われて急いでいたのでありましょうか? 

当然、交通事故も起きているものと思われます。
「伸しリス」はたまに拾いますが、「伸しウサギ」はまだ拾ったことがありません。
sanpo_20160129_2.jpg

馴れ馴れしい奴

散歩の途中で市道の上を渡る電線で何かを突っついているカラスを発見!
karasu_20160128_1.jpg

しばらく眺めていると、そいつは急に反転、興味のターゲットを私に変えたらしい。
karasu_20160128_2.jpg

桃姫を気にしつつ、しきりににじり寄ってきた。その距離1.5m。
雪とハシブトガラスとは、またなんとも美しいモノクロのテーマであることか!
karasu_20160128_3.jpg

ロシアの科学者からのメール その後

ロシア科学アカデミーのプロシュカリキン博士に論文の送付を依頼していた件ですが、本日、ご返事とともに論文(PDF)を送っていただきました。

「忙しくてご返事が遅くなってごめんなさい」とのコメントとともに、依頼していた14文献の内、12編のPDFで送ってくださいました。

送ってもらえなかった論文は、メールで博士にお尋ねした「ムカシハナバチ属」以外の分類群、すなわち「メンハナバチ属」の同定に関する文献でした。「ムカシハナバチ属だけでも大変なのに、それ以外のものに手を出すな!」ということでしょうか。確かに、そうだと思います(汗)。

これで宿題ができました。北海道のムカシハナバチ属について、しっかりと取り組みたいと思います。その結果、いつか博士のご親切に報いることができたら、と考えています。

【追記 ー興味があるという希な方へー】
私から博士へのメールで、「北海道には3種しか居ないことになっているが、もっといるのでは?」という希望的な(稚拙な)印象を述べたところ、次のようなコメントをいただいています。「日本のハナバチ相はとてもよく研究されています。また、温暖地域の島嶼のハナバチ相は概して貧弱です。だから、北海道で3種しかムカシハナバチ属が記録されていないことは驚くことではありません。近くのサハリンや国後でも同じように3種しか確認されていません。この仲間は中央アジアや地中海沿岸のような乾燥〜亜乾燥地域を好むグループです。」

【追記2 ー興味があるという希な方へー】
北海道とサハリン、国後で確認されているムカシハナバチ属の種は以下の通りです(M.Kuhlmann&M.Y.Proshchalykin,2011)。

つまり2種は共通しているが、一種は異なっています。C. babaiもC.impunctatusもともにColletes clypearis-Groupというグループに属する種で、旧北区を特徴付けるグループとのこと。旧北区では28種が確認されており、お隣の中国からはそのうち23種が報告されています(Ze-Qing Niu,Chao-Dong Zhu&M.Kuhlmann,2013)。気候的には寒冷地を好むグループようで、ここらへんのことを取っ掛かりとして先に進んでいければ、と考えています。それにしても何事も奥が深いっすね!(汗)

________________北海道_______サハリン______国後

Colletes collaris______○__________○__________○

C. floralis___________○__________○_________○

C. babai____________○

C. impunctatus__________________○

メッチャ寒!

氷点下10℃を下回った空気の中で、犬の散歩は苦行じゃて。

sanpo_20160125.jpg

穏やかな土曜日

高積雲が漂う、わりかし穏やかな空。先日の降雪で積雪は50cmくらいかな。
ゆっくりしたペースで小一時間ほど歩く。汗もかかないほどのスピード。
桃姫は時々用を足しながら、匂いを嗅ぎながら、マークをしながら歩く。

sanpo_20160123_1.jpg

sanpo_20160123_2.jpg

桃姫の老化

この辺で桃姫の老化について記録しておきたい。
来月の3日で11歳になる桃姫は、大型犬だとすると、既に老犬と呼んでもいい年齢だ。動物病院の先生には、いつ亡くなっても不思議ではない年齢、と脅かされている。普段の桃姫を見ていると、そんな感じはしないのだが、それでも少しずつ老化は顕在化しつつある。

・アンダーコートが抜けきらないで、冬になってしまった。
・従って、アンダーコートが生えきっていない。
・従って、寒さに弱くなった。
・夜は家の中に入れるように催促するようになった。
・結果、玄関に引いた簀子の上で寝るようになった。
・高い所に上がれなくなった。特に後ろ足の力が弱くなった。
・階段でつまずくことが多くなった。
・雪堤に登らなくなった(登れなくなった)。
・新雪に突っ込んでいくことがなくなった。…というか、いやがるようになった。
・ちょっとしたことで怒ることが多くなった。気が短くなった。

それでも毎日、一時間近くは散歩に連れて行っている。
散歩は好きなようである。
帰ろうとすると、逆方向に引っ張るのは相変わらず。
いつまで一緒に歩くことができるやら…。

まとまった降雪

爆弾低気圧、と呼んでも差し支えないような低気圧が南岸を通過している。
札幌でも久しぶりにまとまった降雪があった。散歩に引き続き、雪かきで運動。

sanpo_20160119.jpg

sanpo_20160119_2.jpg

霧氷

今朝は冷えて、空気中の水蒸気が植物に付着し、辺りがぼやっと白くなった。寒い。
冬のエゾヤマハギ_l

ロシアの科学者からのメール

先日、世界の科学者・研究者向けのソーシャル・ネットワークサービスに登録した、と書いたが、
その際にリクエストしておいた論文=ムカシハナバチ属関連、が届いた。

ロシア科学アカデミー極東支部のプロシュカリキン博士から直接連絡をいただき、驚いた。

リクエストした論文以外にも、彼の論文の全リストを見せてくれて、必要なものがあればメールせよ、
とのこと。早速、沢山依頼させてもらったのだけど、送ってくれたらうれしいなあ〜。

コアシナガバチ 女王

本日、村上農園さまからハチの標本を2頭、頂きました。お正月に屋内で採集された、とのこと。
同定の結果、2頭ともコアシナガバチの女王でした。同じ女王でも大きさが結構、異なるんですね。
ありがとうございました!今年もよろしくお願いいたします。

さて、昆虫の同定結果には、年ごとの通し番号をコードとして付けておりまして、いただいた2頭には順に、20160001〜20160002を付けました。今年は昨年よりももっと沢山の昆虫と出会いますように!

コアシナガバチ_20160115_r

冬鳥来たる

手術後、今日でちょうど一ヶ月が経過。
お陰様で今のところ病は再発しておらず、ありがたいことです。

数日前からツグミを見かけることが多くなったが、今日はレンジャクが集まっているのを見た。
rennjyaku_20160115.jpg

天気は最高で、遠くピンネシリ岳まで見通すことができた。そこまで距離にして75km。
今日の感じだと、視程はおそらく100km以上はあるんじゃないかな。巻雲+高積雲、雲量3。
sanpo_20160115.jpg

電力購入先の変更について

前にも少し書きましたが、原子力を利用しない世界を求めている当家としては、それを進めようとしている既存の電力会社から電力を購入するのは避けたいところでしたので、昨日から開始されたガス会社への変更申請を行いました。

変更申請はWebから簡単にできました。申請には、電力会社から発行されている「供給地点特定番号」が必要になりますが、それ以外は特に難しいことは何もありません。この番号は検針結果を知らせる「電気使用量のお知らせ」に掲載されています。

電力の購入先が選べる=選択肢が増えることを歓迎します。消費者が他社へ動くことで、「原子力はいらない」という意思表示に繋がれば、と思います。

鈴木大介のバリオス

昨夜のFM・NHKでオンエアされていた鈴木大介のギターコンサートは素晴らしかった。娘のラジオ付きICレコーダーで、なんちゃって録音をしてもらった。

特にバリオスというパラグアイの作曲家の曲に一目惚れ。知りませんでした。『追憶のショーロ』という曲だったが、これからしばらくは、鈴木大介が演奏するバリオスをじっくりと聴いてみたい。

相変わらず雪の少ない札幌

歩道に一応、雪はありますが、除雪の際にできる雪堤が全くありません。
斜面のササは雪に埋もれずに、ほぼ全部が露出しています。
散歩_20160111

比較のために、2009年1月12日の写真を添付します。
場所はちょっと違いますが、雪堤の高さの違いがよく分かると思います。
それから桃姫が若い!
20090112.jpg

こんな年もありましたね。2011年1月11日です。
IMGP1444_2.jpg

還元券のはなし

30年前の紙の還元券を台帳に整理して、母校の本屋さんにいって来た。
「まだ使えますか?」
「使えますよぉ」と言って真剣に数え始めた店員さん、「○百円になりますね」。
「それは少ないと思います。もう一度数え直してください!」

裏からベテラン店員さんが二人出て来て、数え直してくれる。
「2,824円の値引きになりますね」
(そやろ、どないして数えたら、そんな金額になるねん(関西弁))と心の中でそっとつぶやく。

…ということで、購入したのがこちら。
アシナガバチ

「まだ、還元券を持ってくる人っているんですか?」
「いますよ。先日は12円の還元券を持って来た人がいます。」

私が持参したのは8円と5円の還元券で、12円はその前のバージョン。
おお、それも覚えてるで、少し横長の12円の還元券。35年物の紙の券がまだ生きている!

小雪の札幌

雪がメッチャ少ない札幌。
裏山の木道の階段も、まだ地肌が見えている状態。

「さっぽろ雪まつり会場への雪の輸送が始まった」、というニュースをやっていたが、
例年よりも輸送距離が倍になっている、とか。

momo_20160108.jpg

ResearchGateへの登録

ResearchGateなる科学者・研究者向けのソーシャル・ネットワークサービスに登録した。私は大学の研究者ではないので、”corporate researcher”という枠でトライしてみた。

平素はFacebookもTwitterも無縁。今回はただ、某研究者の原著論文を無料で入手できないか、と考えて登録。はたして、「FullText送ってね!」のリクエストに著者は応えてくれるか??東洋の誰とも分からない人間に?

登録作業をする中で、「自分に関係した研究者を選べ(既に登録済みの研究者がズラズラと出てくる)」とか、「論文になっていない成果があれば記述せよ」とか、人と人とを結びつける仕掛けが準備されていることに気がつく。まあ、そうなんだろうな、ネットワークを作ることが目的なんだろうから。

ResearchGateには、「そんなことしている暇があったら研究せい!」という批判もあるみたい。とにかくデメリットを感じたら辞めればいいや。自分が興味をもっている分野の「情報の蓄積」には貢献したいが、それ以外の望みはない。

初散歩(元旦)

明けましておめでとうございます!

昨年は色々とあって大変な一年でした。
今年は健康で平穏な一年になることを願っています。

桃姫も直に11歳になります。もうおばあちゃんです。
20160101_01.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる