『ヨイ豊』(梶よう子著)

うーん、と唸る他なし。
時代小説でこれだけ器が大きい物語は、飯島和一の『始祖鳥記』以来だ。

江戸から東京へ移り行く時代の空気や匂いを感じた。
直木賞候補になっているけど、獲れる物はなんでも獲ってください!、という作品。

ヨイ豊

ムカシハナバチ属

この夏に近所の草原で採集したムカシハナバチ属の標本を調べている。

しかし、近年の知見を網羅したはずの『日本産ハナバチ図鑑』(2014年)には、ムカシハナバチ属の種はただの6種しか記載されていないし、さらに北海道で確認されているのは3種のみである。

件の標本(2♂)を実体顕微鏡でよく見てみると、マーラーエリアと呼ばれる複眼と大顎の間の部分がほとんど無いくらいに短いのだが、図鑑に記載されている6種の中に、このような形状が該当する種がみあたらない。ここで途方に暮れる。

ムカシハナバチ属の一種_2

世界に目を向けてみると、イギリスの大英博物館の学芸員にDr.Michael Kuhlmannさんという人がいて、ムカシハナバチ属を専門に研究されていることを知る。彼の論文によると、中国産が66種、中央アジア産が80種、シベリア産が26種、ロシア産が42種、それぞれ記載されているらしい。

これらのことから推察すると、本属の分布の中心は大陸にあるのかもしれない。しかし、日本ではまだ十分に調べられていないだけで、今後、北海道産の標本を沢山集めて、Kuhlmannさんの研究成果を参照しながらじっくりと検討すれば、日本産種はまだまだ増える可能性がありそうだ。結局、調べている人が少ない、ということなのだろう。

【追記】
大事なことを書き忘れたので、追記します。本文中には『日本産ハナバチ図鑑』に記載されているムカシハナバチ属の数が少ない、などと書きましたが、この図鑑の素晴らしさは何も変わりません。

先ず第一に、この図鑑が出版されなかったら、ハナバチを調べてみよう、という動機さえ生まれませんでした。それから、採集した個体がムカシハナバチ科に属し、さらにムカシハナバチ属に属する、というところまで自力で知ることはありませんでした。また、属の中の種の識別点が、こんなにも細かい形質に頼らなくてはならないことなど、知りませんでした。マラーエリア(磨縁部(まえんぶ))などの形質を意識するようになったのも、本図鑑や『日本産マルハナバチ図鑑』で勉強させてもらったからです。

ただ、日本のハナバチ類の分類学的研究が、イギリスやヨーロッパ、ロシアと歴史的な差があるのは事実のようです。それを実感できたのも、本図鑑を介してハナバチに接し始めたからなのですが…。

大陸の動植物相と北海道のそれは密接な関係をもっています。極東ロシア・韓国・中国のそれらと、どれくらい同じで、どれくらい違うのか。同種なのか、亜種なのか、別種なのか。北海道や日本ではどのような分布をしているのか。それはなぜなのか。そのような視点で生き物を見て行くと、まだまだ手つかずのオモロい研究材料がゴロゴロと転がっていることを実感します。

本図鑑の出版をきっかけに日本のハナバチ相に興味を持ち、調べる人が増えればよいな、と考えています。

快晴の札幌

術後初めての、桃姫の散歩である。快晴だが、メッチャ寒い札幌。
20151229_01.jpg

"Finding Vivian Maier"

今年いちばん見たかった映画

札幌ではシアターキノで一日だけ上映されたが、もちろん見られず。
そのあと北海道では今月12日に函館で上映された(らしい)が、手術前で行けず。

本作の字幕付きのDVDは3月に発売が予定されているらしいが、

直ぐに見たいので仕方なく、UKから字幕なしのバージョンを買ってみたのだが…、当然、
全て英語で、しかもほとんどがインタービューで、多く見積もっても10分の1程しか理解できず(涙)。
しばらくはヒヤリングのトレーニングのつもりで格闘してみるつもり。

でも、わくわくする物語ですよ。

Vivian Maier


北海道未記録のアブ

今年の夏、盤渓で採集したアブを同定したところ、北海道では未だ記録されていない種で
あることが分かってきた。この後、札幌在住のハナアブの専門家に相談してみようと思う。

しかし、困ったことに、体表面のゴミを払っていた時に、触角の先端を吹っ飛ばしてしまった。
触角先端の形状は亜科の検索に必要である。幸いなことに、吹っ飛ぶ前に形状は確認してい
るが…。しかし、やっちゃった感は半端ない。これからは十分に気をつけよう!

なお、亜科レベルの検索は、こちらで行い、属種レベルの検索は、『新訂 原色昆虫大
図鑑III』(2007年)で行った。

また、分布の確認は、『日本昆虫目録 第8巻 双翅目」(日本昆虫学会、2014)で行った。

コーカサスイシアブ_2015_01_l

戻りました

私事で恐縮ですが、先週一週間、心臓の手術で入院しておりました。おかげさ
まで今のところ経過は順調ですが、まだ回復途上といった感じ。。担当医から
は、有酸素運動までは許可いただいていますが、まだチト怖くて走れません。

入院中は丸山宗利著・『アリの巣をめぐる冒険』を読んでいました。本文中に
何名か知人が登場したので、その分、親近感をもって楽しめました。

沢山の好蟻性昆虫(ある生物が生活史の中で多少ともアリと共生あるいは依存
がある昆虫)が紹介されていましたが、私は特に、札幌円山で採集されたとい
「アリクイエンマムシ」を見てみたいと思いました!

先ず格好いいし、超レアなところもそそられます。クサアリ亜属の巣で発見さ
れるそうですが、著者が調べた200巣で見つかったのはたったの4巣!日本のエ
ンマムシの中でも、最もレアな種のひとつとのこと。

調査適期は、積雪地帯では雪解け後〜数週間だと書かれてあります。春が来た
ら近郊の山でクサアリの巣を探してみましょう。たとえエンマムシが見つから
なくても、森を見るための新しい視点が得られるに違いない、と期待していま
す。

そのためには先ず、健康にならなければ!

アリの巣をめぐる冒険


『決定版 日本のカモ識別図鑑』(氏原巨雄・氏原道昭著)

画家・氏原親子によるカモの識別図鑑の決定版。この本で修行を積むと、種の識別だけでなく、
年齢識別という新たなステージに突入することができる。

さあ、寒い寒い冬はカモの季節(特に本州の方には)。修行を積もうではないか!
識別は全ての始まり(…とは濤沸湖畔に住む友人の名言)。

日本のカモ

著者等による『カモメ識別ハンドブック改訂版』もバイブルの一冊。
もちろん、冬はカモメの季節でもありんす。

カモメ識別




『ひとの居場所をつくる』(西村佳哲著)

著者の前著=『自分の仕事をつくる』を読んだ後、心に引っかかる物があり、読み始めた本。

ひとの居場所をつくる

前半部分は正直、「何の話や?」と感じた。金と時間がある人たちが遠野で馬を飼う話か
い?、そんな印象を持ったのだが、テーマの中心人物である田瀬理夫氏が考えていること
が明らかになるにつれ、この本で著者が伝えたいことが少しずつ分かって来て、それとと
もに、自分の価値観が揺さぶられた。

景観というのは、その地域の人々の暮らしが反映される、という当たり前のことを再確認
することになる。確かに、今、日本はどこも同じような景観になりつつある。

現在の日本の景観を佳しとしない人たちはたくさんいる。それを指摘する人もたくさんい
る。しかし、そういうことに気がついて実戦している人はとても少ない。田瀬さんたちが
やっていることは、そういうことなんだろう。

大事なことは、時間と手間を掛ける、ということだという。世の中にはその真逆の「即席
の物」が溢れかえっている。

自分の仕事に対して、どこまでを射程としているのかを意識すること。これも考えさせら
れたこと。空間的と時間的な射程を…。

ところで、この読書を通じて、自分にもささやかな変化が現れた。とりあえず、春になっ
たら庭にリンゴの樹を植えようと思う。その場所は、隣家のリンゴの樹の隣にしようと思
う。それから手間ひまを掛けよう。そうすればもっと沢山の虫が来るだろう。ここらへん
の景観もちょっとはましになるだろう。そう期待して…。

雪が無い

いつもの散歩コースであるエルフィンロードにも、雪はほとんどない。
一両日の暖かな天候で雪は融け、今朝の寒気でカリカリに凍っている。
スパイク長靴で散歩する。

sanpo_20151212.jpg
sanpo_20151212_2.jpg

ニコラ・ド・スタールについて

納戸の資料を片付けていたら、昔の新聞の切り抜きがでてきた。
1996年7月14日(日曜日)日本経済新聞の切り抜き。
カモメになった男ニコラ・ド・スタール、神奈川県立近代美術館主任学芸員・太田泰人氏(当時)の記事。

スタール_03

(同上の記事からの引用、「父と母によせる幼い日の記憶を語るアンヌさん(注:スタールの長女)」)

たった一度の新聞記事に掲載された数枚の絵に心奪われて、彼の資料を探し始めたのだが、画集はほとんどがフランス語で、彼に関する日本語の著書はとても限られていることが分かった。

ネットで検索した結果、札幌の画家・片桐美晴さんが彼のモノグラフを著していることを知り、メールにて直接、購入を申し込んだ。2009年の出版、しかも自費出版・限定150部とのことで、入手が危ぶまれたが、幸いにも連絡が取れ、送っていただくことができた。ありがとうございました!

スタール_02

その後、1993年に東武美術館で開催された、日本初のニコラ・ド・スタール展の図録も入手することができ、片桐さんのモノグラフを読みつつ、彼の絵を堪能させてもらっている。

スタール_01

具象でも抽象でもない絵。灰色の魔術師。絵画を見る喜び、そのもの。
彼の絵を全て見てみたい!…ということで調べました。
カタログ・レゾネが二度、編纂されていることが分かりましたが、これがメッチャ高(涙)! 102ポンドって、日本円でなんぼすんねん?

祝!第二子誕生!

桃姫の元の飼い主様に第二子誕生のお知らせが届きました。おめでとう!!
それにしても、寝顔はお姉ちゃんとそっくりポンやな!
元気にすくすくと育ちますように!

momo_20151209_01.jpg

momo_20151209_02.jpg

まとまった雪

札幌は朝からまとまった雪が降っている。
桃姫は湿気った新雪が苦手だ。足の裏の毛に付着して玉になるからだ。
時々それを取り除いてやるのだが、直ぐに足を引きずって歩く。

momo_20151207_1.jpg

momo_20151207_2.jpg

発達する低気圧が接近中

暖かな朝。雨。西から発達中の低気圧が近づいて来ている。

momo_20151202.jpg
 * 昨日の桃姫です

覚え書き:昨日(12/2)、ワイヤーに接続する金具を交換した。腐食で一年は持たない。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる