ヤナギの花

ひとつひとつ丁寧に、じっくりと見る。

IMG_1152.jpg

『みつばちの大地』

前から見たかった映画のDVD(日本語版含む)が夏に発売されるとのこと。
今から楽しみです。


みつばちの大地 [DVD]みつばちの大地 [DVD]
(2015/07/31)
フレッド・ヤギー、ジョン・ミラー 他

商品詳細を見る

ヤマシギ ニホンザリガニ ハナアブ

4月10日の夜、上空でヤマシギが鳴くのを聞く。
4月12日、裏山を散策中、ヤマシギが一羽、地面から飛翔。春だねえ。

今年もニホンザリガニは健在。
しかし、ザリガニのこういう写真をよく見ると思うが、おそらく全部やらせ。
もちろんコイツも。日中はだいたい沢の中の倒木の下に隠れているのが常態。
穿り出して隠れるのを待ってからでないと、このような写真は撮れないはず。
IMG_0858.jpg

バッコヤナギの花にハナアブ、ムツモンホソヒラタアブ(Melangyna lasiophthalma)が多数来ていた。
春だねえ。
IMG_1010.jpg


『日本産ハナバチ図鑑』

訪花昆虫の花形といえばハナバチ!  今まで無かったんだよなぁ〜、ハナバチ図鑑(涙)。

九州大学のデータベースを基盤として編纂された待望の図鑑。
長年、北海道のハナバチ相を研究されてきた北大名誉教授・福田弘巳先生が管理されていた
標本も九州大学に寄贈されていることを考えると、これはもう北海道も含めたオールジャパン
の決定版的図鑑と言えるのでしょう。素晴らしい!

これを足がかりにして、さらに日本のハナバチ相が明らかになることが期待されます。

かく言う私は、ただ野外でハナバチの多様性を愛でるだけなのですが…(汗)
あとはハナアブの図鑑がほしいですね!


日本産ハナバチ図鑑日本産ハナバチ図鑑
(2014/08/06)
多田内 修、村尾 竜起 他

商品詳細を見る

『日本産マルハナバチ図鑑』

痺れる感動!、すごいとしか言いようがない図鑑、著者達の長年の成果の結晶。
至れり尽くせりの内容で、何杯でもお替わりできます。この図鑑がマルハナバチ
への理解を深め、特に分布情報の蓄積に資することは間違いないでしょう。

木野田さんは『札幌の昆虫』の著者で北大昆虫同好会のOB。北大昆虫同好会は
素晴らしい人材を輩出しておられますね。博物館の大原さん、ウスバキチョウ
研究の渡辺さん等々!

高見澤さんは天文界では知らぬ人がいないくらいのスーパースターで、日本で
初めて彗星・新星・超新星を発見する「新天体発見三冠]」を達成されている。
『日本の真社会性ハチ 全種・全亜種生態図鑑』の著者でもある。

伊藤さんはハインリッチ本でも解説を担当されていた分類のスペシャリスト。


日本産マルハナバチ図鑑日本産マルハナバチ図鑑
(2013/06/27)
木野田 君公、高見澤 今朝雄 他

商品詳細を見る

リハビリ その3

午前中、裏山を一周。昨日より少しだけ楽に感じる。少しだけ。

IMG_5317.jpg
Canon EOS 7D + Macro Elmarit R 60mm F2.8

リハビリ その2

病気はまだ明けていないが、少しずつ動き出そうと思う。
久しぶりに裏山を歩いてみたが、階段の途中で2〜3度、止まってしまった。
情けない。一ヶ月動かないと、こうも身体って弱るものか!

IMG_5283.jpg

Canon EOS 7D + Macro Elmarit R 60mm F2.8

続きを読む»

プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる