イエローフリージア

flower_140227.jpg
* Petnax K-7 + SMC PENTAX 67 Macro 100mm F4

カアチャンが大事に育てていた花が咲き始めた!

最高気温が5℃を越える

momo_140226.jpg

厳しい冬を越えた安堵からか、最近とみにだらしない。

The Amateurs


The Amateurs: The Story of Four Young Men and Their Quest for an Olympic Gold MedalThe Amateurs: The Story of Four Young Men and Their Quest for an Olympic Gold Medal
(1996/05/07)
David Halberstam

商品詳細を見る


安っぽい一冊のペーパーバック。
何の変哲もない、ただのペーパーバックなんだけどねえ。

邦題は『栄光と狂気』。初版で持っていたけど、誰かに貸したまま戻って来ない。
仕方がないので再度購入。装丁が変わっていて気に入らず、カバーは捨てた。
やっぱりTiff Woodの正面からのモノクロ写真じゃないとアカンでしょう。

翻訳は土屋政雄氏。
そんなに翻訳物を読んでいる訳ではないけど、この人の翻訳が一番好きかも。

犬が羨ましく感じられる瞬間 (2)

momo_140224.jpg

昨日は所用で遊んでやれなかったので、今朝は全力で遊んでやりました。
満足げな犬を見ているのは、悪くない気分っす(笑)。

積雪は平年並みに

sky_140222.jpg

夜間に新たに20cmの降雪。札幌の積雪深はほぼ平年並みとのこと。
帳尻は合うもんだなあ〜。

犬が羨ましく感じられる瞬間

momo_140221.jpg

新雪が30cm。雪投げに追われた午前。
貴重な有酸素運動の機会、と言われれば、その通りだが…。

恩師からの贈り物

子供の頃にお世話になった恩師からケーキをいただいた。

cake_140220.jpg
* EOS 5D Mark2 + Hasselblad Distagon 50mm F2.8

80年代の香り

斉藤誠さんの音楽はカッコいいっすね。

今日のラジオ・エアーGで掛かっていた曲・『或るグレイな恋の場合』

終盤に小競り合い

momo_140218.jpg

最近、っていうかずっとなんだけど、散歩の終盤に差し掛かると、桃姫は家とは逆方向逆方向に
引っ張ろうとする。少しでも早く家に帰ろうとする飼い主との間に小競り合いが起ることも…。
今日はお尻を蹴っ飛ばしたら「Wuuuu」と唸られた。久しぶりに険悪な雰囲気に…。

紋別岳

img102_2.jpg

*Hasselblad 503cx 80mm F2.8 (F8) +YA3 プレスト(EI200)
*Stoeckler’s Divided Developer 20℃ A浴4分・B浴5分
初めてのシュティックラー氏処方二浴現像法だが、現像オーバー。

樽前山

オジロワシ_140213_3

樽前山_140213_2

千歳川ではカワガラスが頻りにさえずっていた。
恥ずかしながらカワガラスのさえずりを初めて認識する。
非常に大きくて美しい声で鳴くんだね。しかも真冬に!

それからセグロセキレイも美しい声でさえずっていた。
図鑑には、北海道でも一部越冬、との記載あり。

千歳川

ホッチャレ_140206
*Hasselblad 503cx 80mm F2.8 (F8) +Y2 プレスト(EI200)DD-23 20℃ A浴4分・B浴5分

オジロワシ_140206
*Hasselblad 503cx 80mm F2.8 (F5.6/) +Y2 プレスト(EI200)DD-23 20℃ A浴4分・B浴5分

撮影の直後、この鳥=オジロワシはミラーシャッターの音で飛びたった(笑)。

顔が痛いです

この冬最強の寒気。
札幌の中心部で-13℃なので、この辺りでは-15〜-20℃近くまで下がったと思われる。
今日からさっぽろ雪祭り。

cool_140205.jpg

ピート・シーガー

代表作「花はどこへ行った」

「ピート。シーガーは1月27日、94歳で死去」

「…さらに大事なのは、音楽のための人生ではなく、音楽は人生のためのものだという精神
 であり、音楽家は音楽のために人生をささげることはない。それを私はピート・シーガー
 から学んだ」

(以上、きたやま おさむ「ピート・シーガーを悼む」から/北海道新聞2月3日記事から)

桃姫が9歳に

今日は桃姫の9回目の誕生日。
特にお祝いをする訳でもなく、いつもの餌に出汁殻の煮干しを少々。
近況のアップはしばし待たれよ!

【追記 140204】
momohime_140204.jpg

受験生の息抜き

受験生の息抜きにしてはお見事!
それにしても息抜きが多いっすね、最近。

pendant.jpg

『緩慢の発見』(シュテン・ナドルニー著、浅井晶子訳/白水社)

「…あらゆる時間の流れに対して、意思の力で自分を緩慢にする。鈍重になる。」
 (北海道新聞書評・大道珠貴評から)


緩慢の発見 (EXLIBRIS)緩慢の発見 (EXLIBRIS)
(2013/10/16)
シュテン ナドルニー

商品詳細を見る

フィルムの入手状況

先日、1月19日にヨドバシカメラにフィルムを注文した。

注文したのは「Kodak トライ-X400(TX) 135-100フィート」・3缶。
何度か連絡をもらい、先ほどのメールでは、納品は3月12日〜3月25日になる見込み、とのこと。

本当は国産のフィルムを使いたいのだが、100ftが製造中止では仕方が無い。
ええい、根性なし!!(涙)

このまま100フィート缶が入手出来なくなるのでは、という危機感が強い。
銀塩の終焉が近づいているように感じられて、焦る。

three apples 

apple_140130.jpg

*Hasselblad 503cx 80mm F2.8 (F5.6) プレスト(EI200)DD-23 20℃ A浴4分・B浴5分
*カメラの画角・被写界深度+露出計の癖+現像方法・時間 → 標準現像方法の検討の段階 
まだプリントしていません。暗室が寒くてね。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる