猛烈な雪

お昼過ぎから札幌の街中も風を伴った猛烈な雪となった。

秀岳荘にて山スキーのシールを新調。
若い店員さんが、持参したスキーにシールを合わせてくれた。アリガタイ!
小一時間の作業の間、当方は地下の自転車売り場にてミニベロ=折りたたみ自転車を見ていた。
Bromptonが良いな、と思っていたが、BD-1もなかなか軽くていい感じ。

午後は体調不良にて活動停止。寝冷えかな。

マーケットプレイスから『「ケルト」紀行 アイルランド』(武部好伸部著)が届く。
サイン入り、謹呈者宛のお手紙(コピー)まで着いている。貰った本を売るなよな、って。
「ケルト」を通じてヨーロッパを見るには好著だと思う。

先日丁度、スコットランド編を読み終えたところ。
外ヘブリデーズ諸島には興味をそそられる。一見、何もないように思えるけど、
空を見るもよし、コケを見るもよし、鳥を見るもよし。

ケルト紀行

レンズの比較

ほぼ同じ条件で撮影したリンゴ。
左はH社の50mmF2.8(F4で撮影)、右はC社ズームレンズ・28-70mmF2.8(50mm・F4)。
EOS 5D mk2で撮影、ライブビューの10×を用い、同じ場所にピントを合わせた。
レンズの比較

どちらも及第点だとは思う。
しかし左のH社の方が階調(特にシャドー部)が豊かだと思いませんか?

「ちょっとした違いしかないやん」、と言われればその通りなのですが、しかし、
モノクロフィルムで撮影する場合は、それが決定的な差になってしまうと思うのです。

権力の使い方

個人的な見解を就任会見で言い放った某放送局の会長を選んだのは、経営委員会。
その委員を選んだのは、国会の議決が必要とはいえ、総理大臣。

昨年度の本屋大賞・受賞者も選任されているが、本屋大賞、がっかりだぜ。選ぶなよ。

さらに今月に入って政権は、「情報保全諮問会議」の座長にナベツネを選んだ。ほんまかいな。

「委員会」とか「第三者会議」ってのは、よくよく人選を見極めた方がいいですね。
人選によって、どのようにでも結論の誘導が可能だから。
こういう意思決定機関&方式は、鵺(ぬえ)だと感じている。好きではない。

凍てつく川

今日は春のように暖かかったが、
十勝地方の小河川はほとんどが結氷している。

支流が本流に流れ込むところにできている氷のスロープ。
てっぺんまで行って座れば、ハイ! 滑り台のでき上がり!
やってみたい気もするが、行き着く先は本流の開放水面だからな。

ぜったいに止まれないって(笑)
氷ついた支流

興味の連鎖

北海道新聞夕刊 私の中の歴史
ー 伏木田光夫
ー 栃内忠男
 ー 5号館のつぶやき
 ー 北海道美術ネット別館 北海道新聞 梁井朗さん
ー パブロ・ピカソ
ー デイビット・ダグラス・ダンカン

【放送局は政府が恐いんです】

「原発に触れないで」放送局が要請 ピーター・バラカン氏の衝撃の生告白がネットで反響:J-CASTニュース htl.li/sMNQN 「都知事選終了まで原発の話題に触れないよう複数の放送局から告げられたと打ち明けた」

残念ながら北海道ではradiko.jpでinter FMは聴くことができない。
たくさんのラジオ局から線局できる関東の人たちが一寸羨ましい。

ピーターに要請した局にはNHKも含まれているようだ。
もしそうなら、受信料返せってレベルの話ですね。

TRI-X 400 FILM

Try-X.jpg
EOS 5D mk2 + EF28-70mm F2.8L USM

120(ブロニー)はしばらくはTRI-X 400でいこうと思う。
DD-23かシュテックラー氏処方による二浴現像のコンビネーションを探ろうと思う。

現像液は薬品の処方で作ることができるが、フィルムだけはいかんともしがたい。
135は冷凍庫にPRESTOのフィート巻が二巻あるので、もうしばらく保ちそうだけど…。
コダックさん、富士フィルムさん、頑張ってくれ〜!!!

(追記)
…といっても、既に120プレストは製造販売中止になっており、アクロスしか選択肢がない。
コダックは昨年、イーストマンKodakからKodak Alaris社に変わっており、今しばらくはフィルムを供給し続けてくれそう。

明らかに銀塩は終焉を迎えつつあり、120 Tri-Xが供給されなくなった段階で一挙に退潮して
いくことが予想されるので、新会社の存続は最後の砦と言える。さあ、皆でTri-Xを買いましょう!

焦げ付いたたこ焼き

img054_2.jpg
*Pentax LX + SMC Pentax A50mm F1.2  Presto 400 (EI200)  DD-23二浴現像法
*大分前のフィルム処理をしています。スキャナー(Epson F-3200)の掃除が必要ですね。

朝焼け

ph_130114.jpg
Petnax K-7 + SMC PENTAX 67 Macro 100mm F4

薄明の雪明かり

未だ明けきらぬ夜のブルーが支配する時間帯に
屋根に積もった雪が薄明るくぼーっと光って主張しているのに
どれだけの人が耳を傾けていることだろう。

ph_130113_3.jpg
Petnax K-7 + SMC PENTAX 67 Macro 100mm F4

天気の境目

めまぐるしく変化する天気。
ここいらへんは丁度、天気の境目っちゅうことですね。
ph_130113_1.jpg

ph_130113_2.jpg

Ho Waaaa

momohime_140108_1.jpg

momohime_140108_2.jpg

*Pentax K7 + Heinz Kilfitt Munchen Makro Kilar 90mm

お久しぶりです

来月に9歳になりまする〜、桃姫です。元気に暮らしております。

momohime_140107_1.jpg

momohime_140107_2.jpg

2014年が始まる

53歳までは許せるが54歳は許せない。
なんじゃ、そりゃ??

理由などないが、そう強く感じている。
そろそろ後が無い、という強い焦燥感。

今日、東京の(今はニセコの温泉に浸かっている)友人NK君からお餅が届く。
ありがとね! そろそろ一緒に暴れましょうか!

たくさんの方から年賀状をいただいた。
感謝の気持ちで日の出(雪で見えないけど)に向かって合掌。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる