すっかり雪景色

【8:15~45:雪】
朝起きたらすっかり雪景色。
IMGP3040_2.jpg

昼飯、モチ五個+ドンブリ茶漬け。
いかんいかん、自転車にも乗れん、スキーも未だできん。
このままやとリバウンド必至じゃ~。

束の間の自由 2011
IMGP3042_2.jpg

『僕らは星のかけら』(マーカス・チャウン著、無名舎)


僕らは星のかけら―原子をつくった魔法の炉を探して僕らは星のかけら―原子をつくった魔法の炉を探して
(2000/06)
マーカス チャウン

商品詳細を見る


自分は読んでいないのに、長女に「読め」といって貸していた本。
久しぶりに手元に戻ってきた。彼女はたぶん読んでいないと思う。

この本を読むと、星を見る目が変わる。大げさに言えば、世界が変わる。

この世にある原子(およそ100種類の原子が知られている)がどのように造られたのか。
恒星の進化と超新星爆発、ビックバンが関わっていることが明らかにされていく。

生命にとって不可欠な二十数種類の重い元素は、どこでつくられたのか。
それは星の中で作られ、超新星爆発によって宇宙空間に放出されてきた。
星が元素を生み、元素が構成する生命が、その元素の誕生を考えるという壮大な物語。

「読み始めるととまらない、想像を絶する面白さ。英国で絶賛されたポピュラーサイエンスの傑作!」
と帯の言葉が誘っているが、とんでもない!そんな簡単に理解できる本ではなかった。かなり難しい。
娘が読んでいない、と考える理由はここにある。

分からない箇所は保留しながら読み進めることにする。
綺羅星のような科学者達(↓)が次々と登場し、果敢に謎解きに挑む姿が描かれていて、引き込まれた。

ダニエル・ベルヌーイ
アーネスト・ラザフォード
ヨーゼフ・フォン・フラウンホーファー
グスタフ・キルヒホフ
ジェームズ・クラーク・マックスウェル
アルバート・アインシュタイン
アーサー・スタンリー・エディントン
ニールス・ボーア
ジョージ・ガモフ
ハンス・ベーテ
ウィリー・ファウラー
カール・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカー
エドウィン・ハッブル
フレッド・ホイル
ウォルター・バーデ
ほか多数

(学問分野としては、量子力学、核物理学、恒星進化論など)

登場人物の中で一際輝いていたのはフレッド・ホイル!
何故か彼はノーベル賞をもらえなかった。
共同研究者のファウラーが受賞した時、ホイルは選考委員会から無視されたという。
ほとんどの科学者は、これを科学史上最も恥ずべき不当な処置の一つと見なしている、とのこと。
彼が貢献しなかった天文学の分野はなかった、とも言われている。
定常宇宙論を提唱する一方で、生命の起源物質は宇宙起源と考えているなど興味は多岐にわたった。
SF小説作家でもあった。

しばらくフレッド・ホイルの著書を読んでみることにする。

穏やかな一日

【8:15~9:15:曇/雲量:10/層雲~高層雲】
夜に降った雨は朝にはあがっていた。
昼間は晴れて、穏やかな一日でした。
IMGP3038_2.jpg

寒くない、雪もない札幌。

【8:15~9:15:曇り】
寒くない、雪もない札幌。

午後はバスケの観戦。
豊平区内の中学校二校との練習試合。
用事があって前半までしか見られなかった。
娘が出たのは後半だった。あはは…。

夕食にチンジョーロースを作る。
お隣さんから長芋をもらったのでスライスして混ぜたけど、上手くいった!

【8:15~9:15:曇/雲量:9/降雪雲】
わりかし穏やかな一日でした。
IMGP3032_2.jpg

午後、札幌市資料館に恩師の参加している写真展を見に行った。
IMGP8292_2.jpg

日本ミノックスクラブ札幌支部・第20回写真展。
久しぶりのミノックスクラブ。
以前に比べて出展者が少なくなってしまった。
IMGP8296_3.jpg

帰りに当資料館に常設展示されている、おおば比呂司記念室をのぞいてきた。
まだ見たことがない人は、ぜひ一度、のぞいて見てほしい。
心安らぎます。しかも、無料です。オススメです。

サビィー!!!

【8:15~9:15:晴れ/雲量:7/巻雲+巻積雲+層(高)積雲】
サビィー!!!
なまってるね。寒い朝です。
雪はありまへん。地面はしばれてます。

IMGP3024_2.jpg

イエメンという国

イエメンの大統領が権限を副大統領に委譲して国を去る、というニュースが入ってきました。

イエメン。
その国がどこにあるか知らない人も多いだろう。あるいは国の名さえも知らない人もいるかもしれない。
イエメンはアラビア半島の南西部の角にある、イスラム国家です。

私も最近まで知らなかった。どこにある国か、どんな国か。
ちょっとしたことがきっかけで、少しだけ気になる国に変わっていた。

ひとつは、雑誌”風の旅人”5号、名川明宏氏の「イエメン 時の往来」という写真と文を読んで、印象に残りました。中世イスラム都市の面影を残す都市景観の中で、今もなお往事とあまり変わらない生活を続ける人々、というイメージ。「イエメンには私たちが失いつつある人と家と自然との関係が残されており、アジアでもヨーロッパでも出会うことのできないイエメン独特な時空間が広がっている」、とのことです。

もうひとつは、イエメンモカという珈琲豆。贔屓にしている豆屋さんが最近送ってくれたイエメンモカの豆がすごく美味しくて、その名を記憶しました。モカ、というのは豆の名前ではなく、イエメン珈琲を出荷する港の名前=地名だそうです。知りませんでした。

そんなイエメンでも、市民による反政府デモが活発になってきており、それを大統領派が弾圧していると聞きます。33年もの長きにわたり権力の座に座り続けるサレハ大統領。

イエメン市民に平穏が訪れますように。

ミニバス全市・女子決勝 観戦記

昨日はミニバスの全市大会・女子決勝・上西VS大曲戦を見てきました。
一点差の接戦を制したのは大曲。
全体の流れとしては、組織プレーの大曲VS個人の能力に長けた上西、という印象。

大曲は「基本に忠実なプレー」が目立ちました。
ボールをもらうときは必ずミートしてもらっていたし、身体は大きくないのに皆、パスが強い!
これって大事だよね。

エンドラインからはパス&ランの繰り返しが見事で、それが連動しているのでボール運びが確実で早いこと。
中途半端なゾーン・プレスを仕掛けても、たぶん通用しないだろう。
どうやったらあのように指導できるのでしょうか?教えてほしい!

上西は序盤でのファールがひびき、中心選手が早々に退場したのが痛かったなぁ。
アレがなければ展開が変わっていたかもしれない。タラレバですが…。
審判さんの笛が少し軽かった印象。プレーに影響のない接触まで吹いていたのが気になりました。

ベスト4に入ってきたチームはどこも素晴らしいレベルでした。
全道大会での活躍が楽しみです。

【8:15~45:曇/雲量:9/高積雲+層積雲】
夜中の二時過ぎに猛烈な雷雨に見舞われた。
桃姫がSOSの声を発信、急いで玄関に入れる。
その直後、巨大な雷鳴と共に滝のような雨が降ってきた。
IMGP3022_2.jpg

寒い一日

【8:30~9:30:晴れ時々雪/雲量:6/高積雲+降雪雲】
遠くで雪雲が光っていた。

散歩の途中で犬連れ三人衆に会う。初めてお目に掛かります。
一匹の大きな黒い犬が桃姫に興味を示していたが、飼い主がダメと判断したらしく、
ご挨拶できなかった。さて、何がダメでした??
喧嘩でも取っ組み合いでも、何でもすればいい。犬には最高の気分転換になるのに…。

IMGP3018_2.jpg

ジュニア・バスケ全市大会の組み合わせが今日の18:30にサイトにアップされるという。
ドキドキしてきた。 オイオイ、今からかい!
K田さんやH星女子さんのブロックに入ると結構シンドイからなぁ(汗)。
単純な確率計算では50%。

【追記】大変なブロックに入っちまったい!

先日の北海道新聞に南部杜氏(なんぶとうじ)の記事が掲載されていた。
震災で被災した岩手・酔仙酒造の復興が主なテーマだったが、
それとともに、北海道の酒蔵と南部杜氏に深い関係にあることも紹介されていた。

当方がお世話になっている(ただ飲んでいるだけ)酒造会社でいうと、
国稀酒造(増毛)、男山(旭川)、北の勝の碓氷勝三郎商店(うすいかつさぶろうしょうてん)(根室)など。
ほかに小林酒造(栗山)、田中酒造(小樽)に計11人の杜氏が関わっているのだそう。
南部流の伝統を守りながら、なおかつ最新技術の習得にも熱心と聞く。
日本酒が美味しい季節ですね(いつも美味いか…)。

雪の中の散歩

【9:00~10:00:雪】
朝起きたら、外は雪国でした。
降雪も今年初めて見た。
雪の中、朝の散歩。

IMGP2998_2.jpg

IMGP3009_2.jpg

雨のち雪かな

【7:45~8:15:曇】
午前中、ジュニアバスケ・一年生大会の地区予選の応援。
娘達のチームは全勝で予選を突破!
おめでとう!全市も応援に行くぞ。

体育館の帰り道に弱い雨に降られる。
気温が下がってきていて、寒く感じられる。
夜は雪の予報。今夜は鍋にしよう。

15:30 雨が去っていったあと、上空には印象的な高積雲がたくさん浮かんでいた。
CA3A0102_2.jpg


一年生大会が始まる!

バスケット・一年生大会の地区予選が始まった。
女子は一位上がりなので一つも負けられない。
負けられない戦いがここにある!

終日、応援の一日でした。
さあ、明日が勝負じゃ!

ところでミニバスの全市大会で波乱のニュース。
夏の大会の覇者が一回戦で姿を消したそうだ。
さて、どんな試合だったんだろう?

【8:15~45:晴れ/雲量:7/巻雲+巻積雲+高積雲(レンズ雲)】
今朝はしばれた。
陸別で氷点下10℃を下回ったとのニュース。
道路に積もった雪は日中融けて、夜には凍って固くなっている。

空には湿気がたっぷり含まれた巻積雲が広がってきた。
所々に発達したレンズ雲が見られ、見ているうちに形が変わっていくのが面白い。
IMGP2996_2.jpg

『風の旅人』の佐伯剛編集長

『風の旅人』という雑誌が先月、44号で休刊となってしまった。

編集長の佐伯剛氏の言説に痺れてしまった私は、現在、麻痺状態でして、

電気ショッカーを食らった魚のごとく、フワフワと漂っておりやす。

兎に角、始めから全部読まなきゃ。

【追記】佐伯剛氏が同年輩の人だとは、知らんかった(汗)。1962年生ですと!刺激受ける。

風の旅人 vol.43風の旅人 vol.43
(2011/05)
不明

商品詳細を見る




いきなり冬景色

【8:15~9:15:曇/高層雲+層積雲】
今シーズン、まだ一度も降雪を見ていない。
それなのに、朝起きたらこれだもの…(絶句)
IMGP2979_2.jpg

撮り忘れたモノ その参

久しぶりにカメラのレンズを購入した。購入した、といっても、手持ちのレンズやアクセサリーを
下取りに出して±ゼロ、請求差額なしでの購入である。

購入したのはSMC PENTAX-A F1.2 50mm。
手放したのはSMC PENTAX67M★300mmF4ED[IF]ほかアクセサリ2点。

信じられないことだが新品での購入である。何故信じられないか、というと、これが完全なマニュ
アルレンズ
だからである。AFや手ぶれ補正が当たり前のデジタル全盛の今、よくぞ、こんなレンズ
が売れ残っていたものだ。

ネットで確認すると、私が購入したレンズが、どうやら最後のPENTAXの新品マニュアルレンズだ
ったようだ。購入したのは東京のフジヤカメラさん。

注文直後、ネット販売画面から当該レンズの画像が消えた。つまり在庫が無くなったことを示して
いる。購入したのは新品だったが、展示品だったようで、「元箱に弱い歪みがあり、アタッチメント
に装着痕がある」ことを了承の上、再度注文せよ、とのことだった。長らく売れ残ってきたのは、
上記の理由からだったと推察される。

私が初めて買ったレンズは、SMC PENTAX F1.8 85mm。下の写真で後方にぼやっと写っている
レンズがソレ。今から凡そ35年前の話。そして今、長い長いPENTAXの歴史の中で最後のマニュ
アルレンズが私の所にやって来た!

縁を感じてますよ、PENTAXさん。
50mm f1.2はボロボロになるまで使わせていただきます。

IMG_2593_2.jpg

雪食う犬

【8:15~9:15:曇/雲量:8/積雲】
今年の雪はウメエか?
IMGP2968_2.jpg

IMGP2969_2.jpg

ちょっと頭の体操。
とかく世間は「意味」に囚われすぎているキライがありませんか。
何の意味がある?とか、何の役に立つ?とか…。

人間は「意味」だけで生きているワケではありません。
そんなものに囚われ気味だと感じておられる方は、
こんなパフォーマンスが突破口になるかもしれません。

パパ・タラフマラという演劇集団の『三人姉妹』というパフォーマンスです。
こんな風に踊ってみたい! 踊れるモノなら…(汗)。
Three sisters by Pappa Tarahumara

やっと初雪

【8:15~9:15:晴れ/雲量:7/高積雲+積雲】
昨夜、札幌で初雪が観測された。
平年よりも17日遅く、観測史上3番目に遅い記録、とか。
IMGP2964_2.jpg

IMGP2965_3.jpg

IMGP2967_2.jpg

ノスリ鳴く谷

【8:15~9:15:曇時々晴れ/雲量:9/積雲】
今夜遅くに雪が降る、との予報。
朝の札幌はまだそんな気配はない。
IMGP2960_2.jpg

朝の散歩によく行く谷沿いの湿地にノスリが居着いている。
一昨日は二羽が飛び立つのを見たし、今日は鳴き声を聞いた。
しばらく居るのかな。

下の写真を撮った直後、ご近所のオーロラ写真家のIさんご夫妻ととすれ違う。
桃姫が奥様に飛びついてしまい、ご迷惑をお掛けしました
IMGP2963_2.jpg

嵐の前の…

【9:15~45:晴れ/雲量:6/積雲】
今日は終日、とても穏やかな一日だった。
IMGP2947_2.jpg

IMGP2949_2.jpg

午後、ミニバス全市大会の応援。
うちのチームは残念ながら二回戦で敗退してしまったけど、まだまだ伸びしろがある感じ。
全道に向けてレベルアップを期待。

女子の一回戦、新琴似●VS北●の4Qだけを見たけど、レベルの高い試合だった。
昨年も北●を見てるけど、この一年でずいぶん成長した、という印象。
残念ながら負けてしまったけど、とてもよい動きだった。
勝った新琴似●はこれから王者女王=清田●と対戦するんだね。

白旗山距離スキー場

【8:15~9:15:快晴】
いやあ、良い天気が続いてるわ。
ポカポカ陽気の札幌。
IMGP2946_2.jpg

午前中、白旗山距離スキー場往復。
距離は約20km。行きはほとんど登り、帰りは楽ちん。
コースにはまだ、雪はない。今年の雪はトビキリ遅い。
早くこの道を走りたい滑りたい。
CA3A0100_2.jpg

最速MTB !?

【8:15~45:快晴】
今朝は昨日よりも暖かかった。
IMGP2944_2.jpg

午前中、久しぶりにエルフィンロードで北広トレ。
帰り道、先行するローディ1台を視界が捉えた。

30km/hくらいで巡航されているらしく、徐々に距離が縮まってきた。
仕方がないので、挨拶なしで抜かせていただく。
直後、短い坂があったので、そこは一気にダンシングで加速する。
さらば、ローディ殿!

やや走って、エルフィンロードを降り、平岡公園方面の長い坂を20km/h弱で登っていたところ、
すっかり忘れていた先ほどのローディ殿にダンシングで抜かれてしもうた。

おやっ、ダンシングですと…!
それはどうかなぁ、ワイと勝負するつもり??

勝負してもよかったんやけど、生憎ワイの家はそっちやないので、交差点でサイナラ。
また今度、勝負しましょ。

日陰に霜

【8:15~9:15:快晴】
今朝はよく晴れて、カナリしばれた。日陰に霜が残っていた。
IMGP2937_2.jpg

IMGP2942_2.jpg

午後、曇ってきた。夕刻、雲底がオレンジ色に一瞬、輝いた。
娘と少しだけバスケをした。
身体でボールをカバーしながらのレイアップシュート3種をトライしていた。
なるほど!なかなか取れない。
IMG_2588_2.jpg

撮り忘れたモノ その後

早速、東京のNK様からご返事をいただきました。
「T3ではない、T2である。T2は譲れぬ!」。
当然ですね(汗)。

NK様は最近、今、世間を騒がせている某O社のデジカメを購入されたので、
もしや!、と思ったのですが、世間はそんなに甘くはないのでした(冷汗)。

ところでレンジファインダーです。
自転車で持っていける、という条件を付けると、”小さくて軽いレンズ”という選択になり、
次のレンズが候補にあがってきた。

 ・LEICA ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH.
 ・LEICA SUMMARIT-M f2.5/35mm
 ・Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM

ところが、Flickerなどで撮影例を見ると、開放での描写がもうひとつなのだ。
小口径の広角レンズは、開放の背景がぼけにくいのかもしれない。
Zeiss・Biogonのボケは、強いのだけれど、線が目立つ二重ボケに見える。
私は、背景は、癖がなくフラットな印象を与えるボケが好きなのだ。

一方で絞り込んだ絵はどれも非常にシャープ。特にアスフェリカル(ASPH)(=非球面レンズ)
ではレンズによる画像の歪みが除去されており、まるで大判カメラで撮影した絵のように見える。
結局、どんな絵を撮りたいか、で選択が別れそう。

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica/elmarit28.html
http://www.flickr.com/groups/elmarit28mm

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica/summarit35.html
http://www.flickr.com/groups/summarit35mm/

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/carlzeiss/cbiogon35.html
http://www.flickr.com/groups/zeissikon35mm/

ところが広角でも大口径のLEICA SUMMICRON-M f2.0/35mm ASPH.になると開放で綺麗にボケる。
しかし、かなり重たいレンズだし、高価なのが難点だ(涙)。
重たいレンズを用いるのであれば、わざわざレンジファインダーでなくても構わない。

http://rangefinder.yodobashi.com/lens/leica/summicron35.html
http://www.flickr.com/groups/summicron35mm/

…ということで、レンジファインダーへの移行は難しそう。
Leicaは夢のまた夢というお話しでした。

結局、愛機Pentax LXを活用することに…。これを墓場まで持って行こう、と思う。
あとは、ポートレート用のレンズがほしいところ。

(続く)

撮り忘れたモノ

撮り忘れたモノがたくさんある。
故郷の街並み、友人達、絵を教わった先生、決定的瞬間のファミリーの姿。

それから恩師の自転車の写真を沢山撮ったけど、デジタルで撮影したため、
いつぞやのHDのクラッシュで一瞬に消え去ってしまった。
格好良かったな、ブルックスのサドル。

そんな忘れ物や落とし物を、ひとつひとつ丁寧に、リスペクトを込めて撮影していきたい。
もちろん、フィルムでね。そのための機材構成を考えている。

歩いて、あるいは自転車で撮影することを想定すると、軽~い機材でないと論外。
だから、Pentax67やハッセル、大判カメラのシステムは、没!

そういえば昔、友人が持っていたT3は軽くてよく写ったなぁ。
東京のNK様へ:もし使ってなかったら、ぜひ譲ってください!!

T3が世に出てきた頃、今は無き月寒カメラの社長さんが、しきりに薦めていたっけ。
買っておけばよかった。
同じ頃、G2も出てきたね。ヨドバシで触ってみたけど、中々良かった。
買っておけばよかった。
今は両機種とも状態のいい中古は手に入らないだろう。

そこで浮かび上がってくるのはレンジファインダー。
LeicaやZeiss Ikonが候補に上がってくる。
ボディで400~500gくらい、だったっけ、軽いね。

(続く)

寒気の流入

【8:15~9:15:曇/雲量:9/層積雲+積雲】
寒気が入り込んできている。遠くに尾流雲を伴った積雲も見られる。
IMGP2934_2.jpg

終日、断続的ににわか雨が降った。
湿度も高く、薄ら寒い札幌。
もちろんストーブはずっと焚いています。

【8:15~8:45:曇/雲量:8/巻雲+高積雲】
IMGP2932_2.jpg

朝、ちょっとしたことで桃姫ともめ事になった。
取っ組み合いになり、手を噛まれて流血。
お互い様なのだが、最悪の気分だ。
IMGP2933_2.jpg

ミニバスの応援

【8:30~9:30:曇り/雲量:10/高層雲】
4日間続いた快晴の天気よ、サヨウナラ。今日は朝から雲が一杯だ。
午前の北広島トレの帰り道に、とうとう雨に降られてしまった。

午後、ミニバスの応援に行ってきた。
我らが男子チームは2回戦を快勝! 皆、ちょっと見ぬ間に上手くなったね。
明日が勝負。何としても決勝に進んで、強敵・厚東さんと戦ってほしい。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる