【8:15~45:晴れ/雲量:6/積雲】
雨上がりの朝で大気は澄み渡り、空が立体的に見える。
そこここに水たまりができている。
IMGP1968_2.jpg

英国 湖水地方

英国の湖水地方といえば、詩人ワーズワースが思い浮かぶ。
恥ずかしながら小生も高校~大学にかけて時折、読んでおりました。

彼の地はナショナル・トラスト発祥の地としても知られ、
”1844年、老ワーズワースが、ウィンダミア湖への鉄道乗り入れ反対の新聞投書を行い、
 阻止したことにはじまるといわれている”(『水彩学』(出口雄大著)より引用)。

さて、ピーラーラビットの生みの親として知られるBeatrix Potterは、
”世界的な大ベストセラー絵本の莫大な印税収入で購った湖水地方の広大な私有地を、
 遺言によってナショナル・トラストに寄付した”(同上より引用)とのこと。

ここで突然、ハリー・ポッターが登場するのであるが、
物語の舞台設定は”英国の湖水地方”と思われるのだが、どうだろうか。
解説本など読んだことがないので、詳細は不明だが、そんな気がする。

いえいえ、ここで言いたいのは、名前のことでして、
Harry PotterのPotterとはBeatrix Potterから来てると思うのだが、違うだろうか?

それからこんな例もある。
ナショナル・トラストには三人の創設者がいて、
ラスキンとオクタビア・パスとHardwicke Rawnsleyという人。
ハリーの友人Ron Weasleyがいたけど、これはRawnsleyから来ているんじゃないだろうか?

すみません、だらだらと。くだらない語呂合わせかも知れません…。

いずれにせよ、ハリー・ポッターの著者もおそらく英国の湖水地方が好きで、
それからきっとBeatrix Potter&ピーターラビットのファンだった、と思うのである。

ところでBeatrix Potterが絵本作家になるのに際して、出版社に紹介するなどして尽力したのが、
Ron Weasley、ではなくRawnsleyであったとのこと。(『水彩学』(出口雄大著)に詳しい)。

冬の格好をして散歩

【8:15~45:曇/雲量:10/層積雲】
薄ら寒い朝。冬の格好をして散歩。…で汗。失敗。

散歩の途中で携帯電話とiPodを拾う。
早速近くの交番に届けてきた。
謝礼も電話連絡も放棄したので顛末は分からないが、たぶん持ち主に届くだろう。

午前中、昔お世話になっていた会社に挨拶まわり。
最近、この会社から社名が付いた叢書が刊行された。某役員から著書を謹呈された。
扉に”恵存という文字が書かれたのだが、意味が分からず、辞書で調べると、

「お手元に保存していただければ幸いの意で、自分の著書などを贈るときに、
 相手の名のわきや下に書き添える語」とある。

なるほど、これでは古本屋に売れません(汗)。

IMGP1967_2.jpg

【8:30~9:00:晴れ/雲量:7/巻雲+高積雲+積雲】
久しぶりにちゃんとした青空を見たような気がする。
立体的な空。相変わらず寒い。
IMGP1957_2.jpg

バッコヤナギの花。雌雄異株でこれは雌花。
IMGP1959_2.jpg

桃姫でも眩しいくらいの日差し?
IMGP1963_2.jpg

冷たい雨

【8:30~9:00:冷たい雨】
晴れの予報だったのに、ずっーと薄ら寒い空模様だった。
強い寒気が本州方面に流入してくるとのこと。急な突風に注意が必要だ。

一昨日の強風で園芸センターの樹木にも幹折が見られた。
その一部が歩道に張り出していた、一寸危ないカモ。
IMGP1952_2.jpg

園芸センターは20日から営業再開かぁ。
今年は長ネギの苗を確保しなきゃ、と思う。
IMGP1954_2.jpg

落とし物? 忘れ物?
IMGP1955_2.jpg

Amazon.comから "Pathways(Dave Holland Octet)が届く。
自分へのバースデイプレゼント。

PathwaysPathways
(2010/04/17)
Dave Holland

商品詳細を見る

強風 雪景色

【9:00~30:雪】
昨夜の風はすさまじい風だった。
家が揺れた。震度2。平均風速で14m/sを超えた。

朝目覚めると雪景色に逆戻り。寒い。
IMGP1944_2.jpg

散歩時にはアラレがパラパラと。
IMGP1945_2.jpg

桃姫は路傍のイネ科を食ってはげぇげぇー吐いていた。スッキリしたかい?
IMGP1949_2.jpg

サイクリングロードを風倒木が塞いでいた。よっこらしょ、って感じで乗り越えるのだ。
IMGP1951_2.jpg


雨 夜は嵐

早朝、娘が青森に向けて出発。やっと大学生活が始まるらしい。
頑張ってくれぇ~。

【8:30~9:00:雨】
野球少年団のお父さんが集まって、近くの公園の球場を整備していた。
土をならすのに軽自動車使うんだね。
IMGP1940_2.jpg

その後、家の庭のウ●コ拾い。
お隣の家の敷地まで幾つか転がっている。汗。

娘と近所のBOOKOFFに行く。聴かなくなったCDを20~30枚を売り、6,500円也。
一枚700年の値がついたCDが混じっておった。しもうた!!

その後、近所のスポーツ店:DEPOに行き、室内用のバスケットゴールを物色したが、見つからず。
帰り道、ご近所の方でミニバスをやめた方とすれ違ったので、譲ってもらえないか交渉。
検討する、とのこと。返事待ち。

夜、強風と嵐。
長女がいない生活が始まった。

シラカンバ出現

残念なことに、とうとうコイツが飛び始めてしまった(涙)。
シラカンバの花粉、登場。
フジツボのような形状の穴が3個突出しているのが分かる。

本日の検鏡ではこの形状の花粉が多く、ほかは五角形のハンノキ類が少数混じるだけ。
全体の花粉量はそれほど多くなく、まだまだシーズン始めの挨拶程度、といった感じ。
それでも、眼がしょぼしょぼだ。

poll20110414_1_シラカンバ_2

曇のち晴れ キジバト鳴く

【8:30~9:00:曇/雲量:10/高層雲】
朝、曇ってるけど薄日が射してきた。
これから晴れの予報。

今日も花粉を観てみるつもり。
北海道の花粉情報はこちら→ 北海道立衛生研究所のサイトが便利。

桃姫のお尻の毛を刈る。
もう少し本格的に切ろうかな。

今年初めてキジバトの声を聴く。

ネットによると、複数の研究者が今回のM9の震源域の東側にM8クラスの新たな震源域を予測しているという。
早ければ一ヶ月以内に発生する可能性も指摘されていて、大きな津波の発生も懸念される。
近未来にそのようなリスクがあるのであれば、津波被害にあった場所に住宅は建てられないだろう。
全く新しい街を、丘の上に創るような発想の転換がもとめられているように思う。

【18:30~19:00:曇】
朝は雨、その後曇って、夕方はまずまずかな。
対流性の雲が多かった。

終日、書類と書籍の整理。
夕方、バスケのチームメイト二人が桃姫を撫でに来てくれた。
一人はカットインの名手で、超絶スピードの切り返しでディフェンスを置き去りにする。

東京のNK氏から長女の大学入学祝いが届く。
過分なるお祝い、誠に恐縮です。奥様にもよろしくお伝え下さい!!

昨日、サイモン・ウィンチェスター著『博士と狂人』読了。
世界最高の辞書OED(オックスフォード英語大辞典)の誕生秘話、のサブタイトルがついている。
19世紀末~20世紀初頭の頃のお話し。

主役のイギリス人マレー博士とイギリスで殺人を犯して精神病棟に隔離されたアメリカ軍医マイナー博士の物語。
だが、この主役二人よりも、マレー博士をオックスフォードに紹介したファーニヴァルという人物が面白い!

「ファーニヴァルは社会主義者で不可知論者でもあり、また菜食主義者で、そのうえ「生涯を通じて
 酒も煙草もたしなまなかった」。スポーツを愛好し、スカルというボート競技に夢中で、自分の
 設計した細長い競技用ボートを用いて最高のスピードを出すにはどうしたらいいかを、ニュー・
 オックスフォード・ストリートのABC喫茶店の若くてきれいなウェイトレスたちに指導するのが、
 とくに気に入っていた。 …あきれるほどの浮気者で女ったらし…。さらに、

「気配りに欠け、思慮分別もなく…子供のようにあけすけなもの言い方をして、多くの者の気分を害し、
 無駄な論争を引き起こすのだった…宗教や階級の区別への敵意をむきだしにするのも、分別に欠けて
 いるところで、しばしば周囲に嫌悪された」というような人物なんだと…。

しかし、彼の最後は見事で、大腸癌で余命幾ばくもないと知りつつも、辞書編纂の仕事を続けた。
フレデリック・ファーニヴァル博士の物語がどこぞに無いものだろうか?

博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話
(1999/04)
サイモン ウィンチェスター

商品詳細を見る







【8:30~9:00:快晴】
晴れているけど寒い朝。局所的に雪融け水が凍って、転けそうだった。

地形学のMLで、河川地形学のS. A. Schumm 先生が昨日亡くなられたことを知る。
学生時代に一度だけ、有珠山外輪山~有珠火山観測所でご一緒させていただいたことがある。
当時私は、友人と交わした禁煙の約束を破った罰で、丸坊主になった直後だった。

たどたどしい英語で、
「あなたの書いた”The Fluvial System”を読みました」と自己紹介したのだった。
この本によって、空間・時間スケールのことが少し理解できた、ような気がした。
ご冥福をお祈りいたします。

The Fluvial SystemThe Fluvial System
(2003/06/01)
Stanley A. Schumm

商品詳細を見る


新札の丸善でファウラの最新号を立ち読みする。
春の植物の特集号だったが、読みどころはやはり河井大輔氏のコラムでしょう。
松浦武四郎とは何者だったのか?

札幌でスギ花粉?

今日一日、グリセリンを引いたプレパラートを外に置いて、夜に検鏡してみて驚いた。
花粉が多数捕捉されていたのだが、多くはスギ花粉らしい。これってスギ花粉だよね? 
最近、眼がしょぼしょぼしていたのはこの花粉のせいかな?

poll20110410_1_スギ

そのほか少量だが五角形をした花粉も混じっていた。これはハンノキ類の花粉と思われる。
割合は、スギ花粉のおおよそ30対1くらい。ケヤマハンノキかな。

poll20110410_1_ハンノキ類

ところで花粉に混じって怪しげな粒子状物質も混じっていたが、これって放射性●●じゃないよね…。
選挙の速報が流れてきて、どうやら北海道はハルミちゃんで決まりのようだ…、ガクッ。

DSCN2455_2.jpg

フクジョソウ 咲いたよ

久しぶりに裏山へ。
撮影は全てPetnax K-7 + SMC PENTAX 67 Macro 100mm F4の黄金コンビ。

雪は、西向き斜面では残っているが、東向き斜面ではほとんど融けている。
IMGP7848_2.jpg

アカゲラが突いた穴から樹液が流れるように出てきている。
舐めると少し甘い。
IMGP7861_2.jpg

誰の長靴? ズボッといっちゃったんだね。
IMGP7871_2.jpg

今年も咲いたよフクジュソウ。
ココイラではココしか見られない貴重な数株なのだ。採るなよぉ~。
咲き始めのようだが、花びらには既に昆虫の足跡が見られる。
IMGP7882_2.jpg

タマゴケのも出始めた。これからが見頃だねぇ。
IMGP7877_2.jpg

晴れ後曇

【8:20~9:00:快晴/雲なし】
朝から良い天気の札幌。
IMGP1934_2.jpg

近くの投票所には人影がパラパラといった感じで、盛り上がりは感じられない。
原発に対する考え方が一つの焦点になってはいるものの、対立候補が今ひとつ。
誰かもっとシャキっとした人はいないのかなぁ。

午後から曇ってきた。
IMGP7838_2.jpg

IMGP7841_2.jpg

久しぶりの空の写真

13:45 札樽道を移動中に末娘がハロを発見、撮影してもらった。
久しぶりに空の写真をアップしたような気がする。

虹だ!虹だ!とおっしゃる娘。
チャウチャウ、とは父。
IMGP1920_2.jpg

夜、次女の友人からTEL。
美容室の割引券を届けてくれるという。
その子は何故かコスプレをしてやってくる、という。
今からそのコスプレで美し●丘コーチャン●ォーにノートを買いに行くのだそうだ。

…で、キタァ~。
ゴメン、写真はなし。でもカッコイカッタよぉ~。
下の写真は、待っている間に次女が描いた落書き。
こちらもお見事!
IMGP7834_2.jpg

【11:00~30:雨】
散歩の時は雨が降っていたが、夕方からは快晴。

報道によると札幌や泊原発でも微量のヨウ素131が検出されたという。
娘達にはヨウ素をたくさん含んだトロロ昆布を朝晩、食べさせている。
若年層の放射性ヨウ素の甲状腺異常が心配。
放射性のヨウ素が身体に取り込まれないように、安全なヨウ素を直前に取り込んでおくのが
効果的なのだそうだ(「放射能で首都圏消滅」(古長谷稔著、三五館))。

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策
(2006/04)
古長谷 稔、食品と暮らしの安全基金 他

商品詳細を見る


ソフトバンクの孫正義氏が脱原発!をネットで明言してくれた、らしい(北海道新聞から)。
「前までは原発推進派だった」とのコメントも合わせて、正直な人だと感じた。
オイラの電話はソフトバンクじゃないけど、ありがとね。

花粉が飛んでる

【9:15~45:曇】
散歩に出ると目が痒くなる、ってことはもしかして、花粉が飛んでる?
せっかく花粉を同定できるようになったので、今度捕捉して調べてみる。
たぶんハンノキかシラカンバだと思われる。

放射線量の測定値が分かるサイトがありました。
写真家AKIさんのサイトから引用。

 全国の放射能濃度一覧
 http://atmc.jp/

 全国の水道の放射能濃度
 http://atmc.jp/water/

 全国の雨の放射能濃度
 http://atmc.jp/ame/

放射性物質の拡散予測図

放射性物質の拡散予測図が日本ではなく海外のサイトで公表されている。
気象庁もシュミレーションしているばずなのだが、見あたらない。
つまり情報が政府によってコントロールされているってこと。

以下はむらかみ農園さんのサイトからの引用です。
詳しくはそちらもぜひ!

これを見るとセシウムは明日には西日本の上空を覆い、その後北海道にも達する計算になっています。
日本で影響を全く受けない地域はない、ということが分かります。

私は原子力発電は不要と考えています。
完全な安全など無いことが分かりましたし、何かあった時に誰も償えないこともハッキリしました。
電気に頼らない社会・ライフスタイルへの転換と、
原子力に頼らない代替エネルギーへの転換を進めていきましょう!

************** 以下、引用

ノルウエーの放射能地図のサイトです。
『泊原発を止める会』の方が紹介しています。
もちろん日本地図です。
なぜ、日本ではなく他国のサイトなのか。
情けない。

ノルウェーの放射線拡散分布地図
ヨウ素131 http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_I-131_;region=Japan
セシウム137 http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_Cs-137_;region=Japan
キセノン133 http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conccol_Xe-133_;region=Japan

【8:45~9:15:快晴】
今日の散歩は娘達が二人で行ってきてくれた。
腰痛の身としては非常に助かったのだが、無事戻ってくるかどうか、ハラハラしていた。
先ほど無事帰還。

腹回りの筋力不足

【9:00~30:快晴】
よく晴れた朝。でも寒い。

腰痛が酷く、ロキソニン(=鎮痛剤)を飲んで根性で散歩。
腹回りの筋力不足が原因と知れているので、少しずつトレーニングせんとなぁ~。

午後、北大病院。
相変わらず快晴の札幌。

ニセコの空

蘭越の温泉に家族で浸かってきた。
開湯明治32年、老舗の温泉旅館、鯉川温泉に日帰り入浴じゃ~。日本秘湯の会会員の宿。

昨年秋に大学時代の恩師から、釣りがてら遊びに行こう、と誘われたが行けなかった宿。
少しだけリベンジを果たしてきた。

いやあ、イイ湯だったな。露天風呂から間近に小滝が見え、周りはまだまだ一面の雪世界。
娘達は、湯船しかない内風呂にブツブツいっておったが、この清さがまた良い。
静かに湯と対話したい向きにはオススメの温泉です。

湯には鉄分が多く含まれていて、硫黄臭は少なめ。
雪秩父や新見温泉とも泉質が異なるようですよ。

宿泊はいつもの蘭越町営の貸し宿。
娘達のリクエストにお答えしてカラオケ部屋を予約。
夜はカラオケ三昧 →歌うのは主に娘達(汗)。

土曜日、天気は大荒れで、中山峠では吹雪かれた。
揚げ芋買うのに命がけじゃった。

翌日は曇り空、羊蹄山は山麓部だけが見えた↓。
ミニバス男子の父兄から、「今年の夏に羊蹄山のお鉢を回ろう」と誘われている。
登る体力があるかなぁ~?

IMG_1453_2.jpg

帰りはいつものミルク工房にて買い物。
娘の書道のお師匠さまにのむヨーグルトのおみやげ。
IMG_1454_2.jpg

お昼はいつもの小樽・お好み焼き「源平」で源平ミックス・ジャンボ!と焼きそば。
桃姫の飼い主は蘭越の宿で腰痛を発症、這うように札幌に帰ってきました(とほほ…)。
IMG_1487_2.jpg



冬に逆戻り

【8:30~9:00:曇時々晴れ・雪】
冬に逆戻り。寒い。
IMGP1860_2.jpg

カワラヒワの声

【8:15~45:快晴】
今シーズン初めて自転車にて散歩。
久しぶりのくせに桃姫は快調に飛ばし、息切れもなし。
やるな、オヌシ。

初めてカワラヒワの声を聞く。
雪印園芸センターのカラマツ林でハシブトガラスのつがいが抱卵していた。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる