【9:00~30:雪】
IMGP1393_2.jpg

マスコミは一年を振り返る内容が多くなってきた。
大相撲この一年、スポーツハイライト、主な出来事、龍馬総集編…。
今朝の北海道新聞にも今年逝去された方々が時系列で並べられていた。
10月は版画家の一原有徳さん、書家の榊莫山さんが亡くなった。
海外では作家のアラン・シリトーやJ.D.サリンジャーが亡くなったんだな。

星ナビ

本屋で星ナビ最新号の表紙が目に飛び込んできた。
日本人二人による新彗星発見。発見者の一人は昔の星仲間であった。

CCDで探索する人が多い中、眼視にこだわって、そして見事に発見した。
自身二個目の発見という。見事な生き様だね。
若い頃、君と星を見ていたことを誇りに思うよ。おめでとう!!

月刊 星ナビ 2011年 01月号 [雑誌]月刊 星ナビ 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/12/04)
不明

商品詳細を見る

今日は忙しくてまだ行っていない。夕方行くべ。

バスケウィンターカップ決勝で札幌山の手が圧勝し、見事3冠を達成!
とてもうれしいニュースだ。TV放送が無いのがすごく残念。
J-Sportsでは100試合を放送しているのだそう。スカパーに加入するかな~。

BS2で映画『コンタクト』をやっていた。
最後にジョディー・フォスターが子供たちに語りかける。
「宇宙人はいると思う?」(ジョディ・フォスター)
「分かんない」(子供)
「良い答えね」
「でも確かなことは、宇宙はものすごく広い、ということ」
「こんなに広い宇宙で、もし地球人だけだったとしたら、もったいないと思わない?」

【16:00~30:晴れ/雲量:5/巻雲】
IMGP1381_2.jpg

【9:00~30:快晴】
IMGP1371_2.jpg

【8:30~9:00:曇/雲量:8/巻雲+高積雲】
風もなく落ち着いた朝。
IMGP1369_2.jpg

TVで高校駅伝を観戦。
女子の部、北海道代表の静修は序盤でつまずいたが、その後徐々に挽回して健闘していた。

男子の部、田舎の上野工業を応援していたが、一区のエースが怪我でブレーキとなり、惜しかったな。
22位でゴールする時に、「この学校名では最後の大会…」とコメントされて驚いた。
私は高校生まで上野工業の近くに住んでいて、バスケでもよく対戦したから…。
ネットで調べると来年から総合専門学校・伊賀白鳳高校になるという。
農業高校・商業高校もこれに統合されて無くなるんだね。時代の流れを感じるよ。

札幌は比較的穏やかなクリスマス

【8:00~30:曇/雲量:8/巻層雲】

札幌は西風や南西の風が吹く時、意外と天候が安定する。
風上に山岳があり、雪雲が遮られるからだと思われる。

札幌の周辺では結構雪が降っていたようで、千歳空港ではダイヤが乱れていた、とのこと。

『本は読めないものだから心配するな』(管啓次郎著、左右社)

本は読めないものだから心配するな本は読めないものだから心配するな
(2009/10/20)
管 啓次郎

商品詳細を見る


頭の中でなんとなく理解していること、でもモヤモヤして自力では取り出せないモノ。
そんなモノを言葉にして、「ほらこれでしょ」、ってな感じで見せてくれる。
これはそんな本。

例えば「言葉」に関するこんな一節。

「…猟師も天文学者も学童も航海士も歌手も郵便局員も、「星」というときおなじひとつ
の「星」という語を使う。「星」という杭のまわりで、ふにゃふにゃのわれわれはぐるぐると
無限に巡回し、見分けがつかなくなる。万人に共有されながら誰にも属さない言葉のま
えでの、人の絶対的平等!個々の人間に与えられた、言葉の絶対的使用権!…」

「…言葉のまえでの人の絶対的平等を思い出させてくれるかれら、それは詩人たちだ。
詩人は言葉を絶えず洗う。それはまるで巡礼のための里程標をいつくしむ、無償の奉
仕者のようだ。…」

ややこしいことを語っているのに、とても読みやすいのは何故?

p.s
青森のDちゃん、この人知っている?
ワシは最近まで知らんかったなぁ~。

メリークリスマス!

パルコ。プレゼントを物色中の中年サンタ。
IMGP1362_2.jpg

四丁目プラザ。街中は雪無いよ。
IMGP1363_2.jpg

スターバックス。窓際の席って楽しいね。
IMGP1365_2.jpg

雪の札幌

【8:30~9:00:雪】
いつものグラウンドに着くと何故か風船が流れてきた!
IMGP1355_2.jpg

恐る恐る近付き、意を決してアタックする桃姫。
IMGP1357_2.jpg


束の間の自由
IMGP1359_2.jpg

BEFORE=前足の後ろの毛玉に湿った雪がくっついてダマになっている。歩きづらそう~。
IMGP1360_2.jpg

AFTER=可哀想なので、毛玉をカットしてやった。
IMGP1361_2.jpg

道東の空 その3

雌阿寒岳山麓 2010.12.15
IMG_9835_2.jpg

阿寒湖と雄阿寒岳 2010.12.15
IMG_9840_3.jpg

道東の空 その2

標津の港にて
IMG_9740_2.jpg

同上
IMG_9732_2.jpg

何という山だっけか? 中標津から虹別へ移動中に撮影、と記憶…
IMG_9750_2.jpg

道東の空 その1

しばらく道東方面に行っておりました。

羅臼の港にて
IMG_9681_2.jpg

【9:00~30:雪】
寒い。雪がちらついている。積雪はゼロ。
IMGP1215_2.jpg

ミニバスのこと、昨日は通常の練習後、娘と北●島市総合体育館に行って練習してきた。
幸い、サブアリーナが貸し切り状態で、チームメートとお父さんを誘って、2 on 2を何本かやった。
息は直ぐに切れ、足はよろよろ空回り。日頃の運動不足を実感した次第。
でも、バスケは何時やっても楽しいなぁ~。当然、今日は筋肉痛~ !!

朝から寒い

【8:30~9:00:雪】
朝から寒い。ちらちらと雪が降っている。青空もちょっと見えるんだけどね。
IMGP1212_2.jpg

午前、近くのBOOKOFFに古本を二箱ほど持ち込む。
Amazonでは売れそうにない状態の悪い本や雑誌ばかり。
しめて420円也。オイオイそれはないだろう~!!

午後、ピアノの調律に来てもらう。年一回。かなりずれていた。
IMG_9660_2.jpg

粉雪降る

【8:10~40:雪】
寒くなってきた。雪は粉雪、風で飛んでいく程度。
IMGP1208_2.jpg

書棚を整理している。
特に暗室にしている中二階に作業スペースを作らないと、何も始まらない。

書棚からポール・オースターの『わがタイプライターの物語』が出てきた。
好きだなぁ~、この本。とても落ち着く。この本は決して売らないよ。
この本を読んだ時のような気持ちになる、そんな写真が撮りたい、と思うのだ。

わがタイプライターの物語わがタイプライターの物語
(2005/01/28)
ポール・オースター

商品詳細を見る


【8:10~40:曇:雲量:9/巻雲+巻層雲+高積雲】
薄ら寒い朝。ぱっとしないね。
IMGP1205_2.jpg

東京の友人・MY氏から季節の絵葉書が届きました。アリガトネ。元気にしているかい?
そちらはまだ晩秋だそうで、写真は駒込・六義園のハゼノキとのこと。
紅色がまぶしいね。
IMGP7778_2.jpg


『生きるために人は夢を見る。』(林建次・伊藤史織著、A-Works)

コーチャンフォーで立ち読みして、これはちゃんと読まないといけない、と感じてAmazonで購入。
※コーチャンの写真集は残念ながらカバーがよれていた

本日到着後、一気に読了。
写真家・林建次氏が12年間を掛けて追いかけてきたボクサー達のドキュメント。

IMG_9654_2.jpg

あとがきの最後には、「多くの人たちに届きますように」と書かれていたが、
少なくとも私には届きましたよ。
こんなに熱くなるのはきっと、私も彼等と同じような生き方をしたい、ということなんだな。

-覚悟の瞬間-
僕が、一番求めていた瞬間はここにあった。
これから大一番に向かう寸前の、もっとも緊張した一瞬。
リングに上がる、その前に彼らがたたずむ一角は、
澄みきった 空気が張り詰め、
近付くことも許されないような聖域だと感じた。(以上、抜粋)

「生きてるっ」て、一瞬でもいいから強烈に実感したい。
そんな気持ちにさせる本です。

湿った雪が降っている

【8:00~30:雪】
24節気でいうところの大雪。
札幌では湿った雪が降っている。歩道はべちゃべちゃじゃ。
IMGP1203_2.jpg

曇り後雨

【8:00~20:曇/雲量:10/巻雲+高積雲】
IMGP1197_2.jpg

IMGP1199_2.jpg

午後、札幌第一合同庁舎にて打合せ。
昼に17階の喫茶店にてエスプレッソ、250円也、美味いよ。
目の前にばかでかいマンションが立っちまったので、藻岩山方面の眺望が台無し。
IMGP1202_2.jpg

街の中で無骨な自転車に出会う。
こんな自転車に乗って仕事してみたい、と感じた。
IMGP1200_2.jpg

ヨドバシにて現像液2種を購入。HC-110(液体)とパンドール(粉)。
パンドールは印画紙用の現像液だが、フィルム用にも使える、とのこと。
紀伊国屋にて『リアル』(井上雄彦著)の10巻を購入。
この漫画、初めはたいしたことない、と感じていたけど、今はドキドキしている。
REAL 10 (ヤングジャンプコミックス)REAL 10 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/11/26)
井上 雄彦

商品詳細を見る

帰り道、15時頃、雨に降られる。
夜、桃姫を家に入れる。ちょっと甘いかな~。

EF 300mm F4 L IS USM

仕事の必要に迫られてEF 300mm F4 L IS USMを購入。
PentaxのLimitedレンズ2本等を下取り交換に出して、出費はほぼゼロの物々交換。

レンズとあわせて1.4倍テレコンのⅡ型も購入。
一度は縁を切ったCANONだが、このテレコン、恥ずかしながら買い戻し。
撮像素子がAPS-Cサイズの7Dでは672mm相当の画角で撮影できる。

購入先はフジヤカメラさん。下取り交換では比較的良心的な価格で引き取ってくれた。
中古レンズはココと新橋イチカメラさんで購入することが多い。
両店とも購入した中古レンズは良いモノが多く、今のところ信頼しているが、
新橋さんは下取り交換がチョイト厳しい印象。まあ、ご自分で比較してみてください。

レンズの第一印象は、「ものすごくコンパクトなレンズ」ということ。
以前に100-400mmを所有していたことがあるが、それと較べて2回りくらい小さい印象。しかも軽い!!。
野外では重宝しそう。

…で、ファーストライト。
また桃姫かよ~、と言われそう。まぁ、ここは桃姫のブログですからね~。
AFは135mmよりもやや遅い印象。
ピントは、合ったところだけがビタッと解像してくれた。
IMG_9633_2.jpg

最短撮影距離が1.5mというのもこのレンズの特徴。昆虫にも使えそう。
卓上のネロンガをスタビライザーONにして撮影。独特のゴロゴロした振動が伝わってくる。
ネロンガって、知ってる? 通常は透明なんだが電気を食うと姿を現す、というウルトラマン初期の怪獣。
結構インパクトがあって、好きだったなぁ~。
IMG_9637_2.jpg

名残のキノコ

IMGP7768_3.jpg
* Pentax K-7 + 67用アダプターK + 67ヘリコイド接写リング + PENTX67 75mm F2.8AL

札幌市 直下型地震の震源

大学の後輩に以下の情報を教えてもらった。北海道大学・地震火山研究観測センター公表の情報。

http://hkdrcep.sci.hokudai.ac.jp/map/kitahiroshima2010/

これによると、10月20日の地震の震源は北海道中央農場付近で、今回の地震の震源はより西側の
国道36号線付近・美しが丘~真栄あたりだそう。震源の深さも異なり、10月20日の地震では約10km、
今回の地震では約5kmと浅くなっている。

北広島在住の氏によると、今回の地震は横揺れはなく、突き上げるような縦揺れ震動であった、とのこと。

【追記】
清田区のゴルフ場では斜面が高さ25m、巾50mに渡って崩れ、灯油タンクや車の一部が埋まった、
とのこと(北海道新聞夕刊)。

地震の次は嵐

【8:00~30:雨】
地震の次は嵐だ。
朝から家を揺らすような強風が吹いている。
レーダーによると雨雲が近づいてきているので、急いで散歩に行ってきた。

直下型地震!

道東に居りました。先ほど戻りましたが、ヘトヘトにて短文お許し下さい。

朝、カミさんとおはようメールのやり取り中に、NHKTVに緊急地震速報のテロップが出た。
なんと石狩中部・南部に発令されているではないか!!
なかなか震度の情報が出ないのでかなり焦った。震度は3。
カミさんから「大丈夫」の電話。「携帯の緊急地震速報も鳴った」、とのこと。

直下型地震なので速報は役に立たなかったが、それでも無いよりはマシ、だと思う。
また、震度が予想よりも低い、震度3であったことも批判の対象とされているようであるが、
高速道路や市の地震計では震度5弱~震度4を記録している。気象庁の観測網が粗いだけの話。

大曲小学校ではガラスにひびが入るなどの被害がでたそう。すぐ近くだ。
北広島では被害が出ている、とのこと。明日にはより詳細な状況が明らかになるだろう。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる