【朝の散歩:8:10~40】【晴れ 雲量:3 巻雲+積雲少々】
夕方から雨の予報。今日こそは自分の仕事をしよう。
PA310121_2.jpg

PA310122_2.jpg

『古本暮らし』 荻原魚雷(おぎはら ぎょらい)

新刊で購入、1700円也。楽しめました。元来、古本ものが好きで、『せどり男爵数奇譚』(梶山季之)、『古本でお散歩』(岡崎武志)、『古書狩り』(横田順彌)、『死の蔵書』(ジョン・ダニング)などを読んできました。

著者は三重県鈴鹿市出身、生まれは1969年とのことなので私より10歳ほど年下ですね。大学で上京して以来、フリーライターなどして暮らしておられるようです。

「…一読者としては、生まれ年のわからない人の本はあんまり読む気がしない。自分と同世代かどうか、年上なのか年下なのか、わたしはけっこう気になるほうだ。できれば出身地も知りたい。」、と著者が書いているとおり、カバーにそれらが書かれています。それをみて興味をもった次第。

本の中身は、だいたいが著者の身辺雑記が読んだ本を引用しながら書かれている。処分すべき本の選び方、文筆へのおもい、主夫業のこつ、人生一筋縄ではいかないこと、などなど。引用されている作家は著者の好みが反映されていて、吉行淳之介がもっとも多く、ほか鮎川信夫、天野忠、色川武大(いろかわ ぶだい)、古山高麗雄(ふるやま こまお)などなど。困ったことにそのどれもが読みたくなる。著者のおもうつぼ。

三重県出身の詩人、谷郁雄(1955年生まれ)は知りませんでした。以下、引用の引用。

  読書する人は
  そこにいても
  そこにはいない
  長い旅から
  帰ってくる頃には

  この世に存在しない
  本の中の人々が
  人生の
  友人の列に加わっている。

      (「本当の涙」)

p.s
荻原魚雷さんのことも、前に紹介した知久寿焼(ちくとしあき)さんのことも、知った場所は同じ。『苔(こけ)とあるく』の著者、田中美穂さんのHP(蟲文庫)が出所であることを白状いたします。田中さんも古本屋の店主。勿論、苔の本もお薦めです。

【朝の散歩:8:15~45】【晴れ 雲量:5 積雲】
爽やかな朝。結局、今回の寒気では雪は降らなかった。
PA300108_2.jpg

PA300110_2.jpg

最近、軒先にダイコンがぶら下げられているのをよく見かける。漬け物の準備だ。
うちもやりたいのだが、庭のダイコンがまだ大きくなっていないので、できない。

【夕の散歩:16:20~50】【曇り 雲量:10 層積雲】
PA300119_2.jpg

初雪はもうすぐって感じ

【朝の散歩:8:10~40】【曇り時々晴れ 雲量:7 積雲】
寒気が入ってきているようで、朝から対流性の雲が見られる。
北海道は平地でも雪の予報。マジか!!寒いのでストーブを焚いています。灯油タンクも底をつきかけていますが、来月には灯油単価が90円台に下がるとの情報があり、しばし我慢です。
PA290106_2.jpg

【夕の散歩(自転車):16:10~50】【曇り 雲量:10 層積雲】
モモは元気だ、よく走る。自転車で引っ張られているだけのオイラは寒すぎる。
札幌では日中、雪は降らなかったが、初雪はもうすぐって感じだ。
娘達のスキースクールの申し込み案内が来ている。
PA290107_2.jpg

【朝の散歩:8:10~40】【曇りのち雨 雲量:10 層積雲】
肌寒い朝。散歩中にポツポツと雨が降り始める。
PA280095_2.jpg

【夕の散歩:16:30~17:00】【曇り時々雨 雲量:10 層積雲】
曇りの17時はもう真っ暗だ。しかも雨降ってるし…。
ひたすら芝地でモモと勝負する。
PA280100_2.jpg

たま 『さんだる』 『しょぼたま』

その後、たまの曲をいろいろ聴いています。一番気に入ったのは『さんだる』。仕事に疲れたときに癒されます。「もうちょっと力抜いてやろう」、なんてね。次の『ひるね』はちょっと肌に合わなかった。

『しょぼたま』はアットホームな雰囲気が感じられるアルバムで楽しめました。このアルバムは矢川澄子さん宅で録音された、とのこと。矢川さんは小説家で、かつては澁沢龍彦氏の奥さんだった人。澁沢氏とは1968年に離婚、1980年に谷川雁(故人、詩人、C.W.ニコルの友人と記憶)の招きで黒姫に移住、『しょぼたま』録音のわずか一年後の1992年に自死された、とのこと。知久さんの母親のような存在だった、と何処かに記されていた。残念ながら、私は矢川さんの著書は読んだことがありません。

知久さんの音楽や人間関係にはシュールなものが感じられるのだが、それと知久さんの趣味であるツノゼミとの間にはギャップが感じられて面白い。ツノゼミの産卵行動なんて、とってもリアルな現象なのにね。

手稲山初冠雪

【朝の散歩:8:00~30】【曇り 雲量:10 層積雲】
手稲山系に雪が降る。初冠雪と記録される。
PA270092_2.jpg

いかにも、って感じのキノコ。…で、名は? →ベニテングタケのようです。有毒。
PA270094_2.jpg

【夕の散歩:17:00~17:30】【曇り 暗くて見えない】
外は真っ暗。出がけに仕事の電話があり、出発が遅れる。
仕事と散歩とどっちが大事だ? ううむ…


ジャガイモニョッキを作ってみた

【朝の散歩:8:00~30】【曇り 雲量:9 乱層雲】
雨雲が近づいてきている。雨が降り始めた。

モモは散歩中に沢山の犬とすれ違う。
その中にはモモを苦手とする犬やモモを嫌う飼い主がいる。
「うちの犬はおたくの犬が苦手なんです」と面と向かって言われたこともある。
そんな風には見えないのだけどねえ。

上の娘が修学旅行だそうで、今日から奈良・京都・大阪巡りだ。
関西方面は今日は雨のようですね。
東北地方の大気が不安定になっているようなので、道中、飛行機は揺れるだろうな。

【11時頃の空】
PA260085_2.jpg

【夕の散歩:18:30~19:00】【曇り】
親戚からジャガイモを沢山送ってもらったので、夕食にジャガイモニョッキを作ってみた。
作るのに2時間掛かったのに、10分程で食い尽くされてしまった。全く…。
PA260087_2.jpg

ハクチョウの大群 南へ

夜の10:30頃、ハクチョウの大群が我が家の真上を通過して南の方へ飛んでいった。一度ではなく、二度三度と繰り返して、である。

家の中にいても、あのコウコウという独特の鳴き声に気がつく。それを合図に窓を開けると、空一面に灰色をしたハクチョウのシルエットが広がっているのが見える。壮観だ。思わず声をあげる。

『水の響・風の音』増田寿志作品展

PA250081_2.jpg

桃姫の勇姿、ではなく、タイリクオオカミです。北広島在住の画家、増田寿志さんの作品。カッコイイでしょ!増田さんは実際にアラスカでタイリクオオカミに会われたことがあるそうです。

午前中、天気も良いので、増田さんの個展『水の響・風の音』を見てきました。個展は2000年以来、久しぶりです。ネイチャー系の季刊誌『faura(ファウラ)』に連載されているイラストを中心に、約25点が展示されています。ペン画による鳥類や哺乳類の細密画のほかに、第6回北の大地ビエンナーレで「あなたが選ぶ北の大地賞」を受賞した作品など、ペインティング2点も展示されています。これらがまたすばらしい!!

場所は北9条西3丁目9-1 ギャラリーエッセ、明日26日(日)までの開催。
10:00~19:00(最終日は17:00まで)、まだの方はお見逃し無く。

【朝の散歩:8:40~9:10】【晴れ 雲量:6 積雲】
雨上がりの晴天。すがすがしい朝の光。
PA250071_2.jpg

PA250073_2.jpg

PA250070_2.jpg

【夕の散歩:17:00~30】【快晴】
この時刻でもう真っ暗。
西の空低くに金星が、南西の空高くに木星が輝いている。
PA250084_2.jpg

時々家がミシッと音を立てている

8:00 外は猛烈な風が吹いている。時々家がミシッと音を立てる。
モモが怖がるので家の中に入れる。朝の散歩は延期。

【朝の散歩:9:30~10:00】【雨 強風】
札幌管区気象台の風速は朝6時台から9時台まで11~12m/sで推移している。
その中、何とか散歩に行ってきました。
PA240056_2.jpg

【夕の散歩:16:00~30】【雨】
終日、雨と強風でした。
PA240063_2.jpg

PA240067_2.jpg

夜から雨の予報

【朝の散歩:8:10~40】【晴れ 雲量:5 巻層雲】
ここ数日快晴が続いていたが、SSの濃度が高く透明度は良くなかった。
久しぶりに雲を見るが、青空も戻ってきた印象。夜から雨の予報。
PA230030_2.jpg

monokuro_de_momo.jpg

最近はInternet Radioを聴きながら仕事しています。
もっぱらiTunesのradioioAcousticという局ですが、結構良い曲がかかります。
先日はIron & Wineという男性ギタリスト&ボーカルを知りました。
今日はkelly joe phelpsという人の" big shaky"というブルースに惹かれた。

【夕の散歩:16:10~40】【曇り 雲量:8 巻雲+下層雲】
強い風で低い雲が北に流されて行く。夜には雨が降りそう。
PA230049_2.jpg

【朝の散歩:8:00~30】【快晴】
梨が収穫されずに沢山落ちていた。もったいない。もちろんヒヨドリも沢山やってきていた。
PA220020_2.jpg


深夜の暴走バイク

深夜の暴走バイクの音は確かに迷惑なのだが、
こんな寒空の下、しかも3:30という時間に、
アクセルをクンクン回さざるを得ない若者の心情を思うと、
半端ではないものを感じる。

ラジオを着けると演歌の八代亜紀が小節をクンクン回している。
眠れない。眠られない。

【朝の散歩:7:45~8:15】【快晴】
モモのウ○チが少しゆるめだ。朝晩冷えたかなあ~。
帰ってから水道の水でオ○リをごしごし洗い、余分な毛を刈る。
逃げまどうモモ。
PA210013_2.jpg

【夕の散歩:16:30~17:00】【快晴】
この快晴の天気はいつまで続くのだろうか?ちょっと飽きてきた。
PA210016_2.jpg

『20世紀少年 』(1~22巻) 『21世紀少年』(上・下) 浦沢直樹

映画の予告編を見て面白そうだなと思い原作を読んでみました。今、カミさんが読んでいます。浦沢直樹さんの漫画は、これまで『YAWARA!』と『MASTERキートン』を読んだことがありますが、どれも好きです。

2つは別々の物語ではなく、続き物です。最後の『21世紀少年下巻』が良くできていたのでほっとしました。とても多くのプロットが重なっているので、空中分解してお終いだったらどうしようか、と少し不安を感じながら読んでましたから…。最後の巻がイイというのは『スラムダンク』もそうでしたねえ。後味が良くてよいです。

ところで肝心の映画ですが、あまり芳しい評判を聞きません。さて、どうしたものやら…。誰か見た方が居られましたら感想をお聞かせくださいませ。

【朝の散歩:8:00~30】【快晴】
割合に穏やかな朝。暖かい。
PA200002_2.jpg

散歩中時々、公園の蛇口からモモに水をやる。
面白いのは場所によって水温が異なることだ。
ここの↓蛇口の水が一番冷たい。モモもお気に入りだ。
PA200008_2.jpg

【夕の散歩:16:30~17:00】【曇り 雲量:8】
紅葉は遅れているし、かなりイマイチ。今年はこんな感じで冬になっていくのか…。
PA200009_2.jpg

時々ザッーっと雨が降る。…かと思えばぱっと晴れる。寒くはない。
PA200010_2.jpg

風が強い一日だった

【朝の散歩:8:30~9:00】【快晴】
捻挫した足を引きづりながらの散歩。
PA190509_2.jpg

【夕の散歩:16:40~17:10】【快晴後曇り 雲量:1 レンズ雲】
風が強い一日だった。
PA190520_2.jpg

変わるのだ、世の中は。30年だぞ…。

【朝の散歩:8:45~9:15】【晴れ 雲量:6 高層雲】
夜中に一過性の雷と雨。朝、少し霞がかっている。

朝の連続テレビ小説「だんだん」の最後に、毎回双子の写真が放映されるが、今日の子供たちの名前に驚く。「姫歌ちゃん」と「桃歌ちゃん」。元気に育ってほしい。だんだん!

今日のモモの動きはちょっと変だった。マーキングもしないのに時々腰を下ろすのだ。要注意。

午後、元町方面にて会議。
この辺りは30年程前、札幌にやって来た頃に住んでいた場所だ。
しかし今、当時の面影はない。
近くにタマネギ畑があったはずだし、東方には空が広がっていたと記憶している。
それが今では、高いビルが目立つ、結構な都会だ。
元町生協は健在であったが、貸しレコード屋やゲームセンターは無くなっていた。
レコードだって…(苦笑)。近くの銭湯は跡形もなし。
変わるのだ、世の中は。30年だぞ…。

ウクレレとツノゼミ

ウクレレギター奏者の知久寿焼さんの趣味はツノゼミ。
「たま」というグループにいた方ですね。

昨夜のNHK『熱中時間』で見ましたが、面白い人と虫ですね。
ファンになりそうです。

再放送がありますので、まだの方はぜひご覧ください!!
ツノゼミってかなりカッコイイですよ!!

*** 以下知久寿焼さんのhttp://www.officek.jp/chiku/から抜粋

NHK BS『熱中時間』に出演します
大好きな「ツノゼミ」の趣味を紹介しています。

・放送予定日
※局の都合で変更になる場合がございます。
BS版
10月16日(木) 19:45~20:29 BS2
10月21日(火) 22:00~22:44 ハイビジョン
10月27日(月) 12:00~12:44 ハイビジョン(再放送)
※いつもは、ハイビジョンから放送が始まりますが、今回はイレギュラーな並びとなって
おりますので、ご注意ください。

ダイジェスト版
10月22日(水) 22:45~23:00 NHK総合
10月24日(水)  8:15~8:30 BS2
10月28日(火) 15:45~16:00 NHK総合

熱中時間ホームページ http://www.nhk.or.jp/nj/

夕方、我慢できずにストーブを焚く

【朝の散歩:8:00~30】【快晴】
【夕の散歩:16:30~17:00】【快晴】

日中、一時的に雲が広がったが、夕方には再び快晴。
しかし、寒い。寒いねえ~、が挨拶になっている。
夕方、我慢できずにストーブを焚く。今年初めて。

十六夜の月が西の空に沈んでいく

十六夜の月が西の空に沈んでいく。
IMG_5561_2.jpg
【EOS 20D EF100-400mm】

東の空からは太陽が昇ってきた。
IMG_5562_2.jpg
【EOS 20D EF100-400mm】

【朝の散歩:8:10~40】【快晴】
空全体が薄ぼんやりとしているが、晴れは晴れ。

【夕の散歩:16:30~17:00】【快晴】
雲がない日くらいは登場させてやるか…。それにしても雲がない。
PA160494_2.jpg


『イサム・オン・ザ・ロード』 秋野亥左牟 文・画 人間家族・特別号

PA150490_2.jpg

ふとしたきっかけで秋野さんを知りました。絵本作家として知られている方です。代表作に『おれは歌だ おれはここを歩く』、『たこなんかじゃないよ』、『ムースの大だいこ』などがありますが、どれも造形的で素晴らしい絵だと思います。

この本には秋野さんのこれまでの歩みが書かれています。若くして日本が嫌になり、海外に脱出。その後、インド、ネパール、シベリヤからヨーロッパ、カナダ、沖縄小浜島に住み着く。二人の奥様と8人のお子様が世界に散らばっています。

秋野さんは現代文明や世界宗教(仏教、キリスト教、モスレム教など)の限界を語っています。それらが「行き着いた先」を見れば納得できるだろう、と…。確かに。それに対して、「人間が知ることができるのは世界の中のほんの一部だけ」、ということを理解してきた少数民族の文化、アニミズム、原始宗教などを対置させています。確かに。

気になったフレーズがあります。「自由になりたければ自尊心と経歴を捨てよ」、と…。「そうすればLSDなんかいらねえよ」、とも…。当方にLSDをやるつもりはありませんが、自由にはなりたいと思っています。強く…。

『自然栽培ひとすじに』 木村秋則著 創森社

PA150489_2.jpg
木村さんのことはNHKプロフェッショナルで初めて知りました。無農薬、無肥料でリンゴを栽培した青森は岩木の人で、そのリンゴは”奇跡のリンゴ”と呼ばれています。

TVで見た木村さんは前歯が抜けた笑顔が印象的でした。この本によると、その前歯は、生活費を稼ぐためにキャバレーのぽん引きをやっている時に何やらの抗争に巻き込まれて折れてしまい、その後お金がないのでそのままにした、とのこと。生き方が底抜けていて楽しいですね。

脱線します。
この本を読む前に友人の薦めで『ブナ林の自然誌』という本を読みましたが、そこでブナ林の成立に菌類の働きが重要であることを知りました。根に付く外生菌根菌と樹木との関係は真の意味で”共生関係”にあり、外生菌根菌がなければ、森は森として成立しなかったとのこと。また、”森林全体が菌糸で結ばれた大きな有機体”という見方もできることを知りました。

戻ります。
木村さんの試みは、精神論などで説明できるものではなく、農薬や強度の被圧によって失われた土壌中の微生物(特に菌類)の生息環境を復元する、という科学的なものでした。また施肥はしないが、その代わりに大豆を育てて窒素分を供給しています。その際に重要なことは、過剰な供給はしない、ということでした。なぜ過剰な供給をしないのか?、どのようにして適量を把握するのか?などについて詳しく書かれています。やっていることはものすごく単純ですが、納得ができるものでした。

ということで、ぜひ、木村さんのリンゴを食べてみたいものです。半分に切って放置しても腐らないという、奇跡のリンゴを…。

【朝の散歩:6:45~7:15】【快晴】
ハクチョウの群れがコウコウと鳴きながら南の方に渡っていく。
アブラムシは昨日よりも少ない。
PA150479_2.jpg

PA150483_2.jpg

煙と見紛う虫の大群

【朝の散歩:8:15~45】【晴れ 雲量:3 巻雲】
昨日に引き続き、よく晴れている。
PA140468_2.jpg

煙と見紛う虫の大群。アブラムシの仲間と思われる。
PA140473_2.jpg

【夕の散歩(自転車):17:00~30】【曇り 雲量:8 巻雲+高積雲】
よい雲が出てたのに、ちょっと散歩が遅かった。
PA140476_2.jpg

倶多楽湖→登別→カルルス温泉→オロフレ峠→千歳

天気が良いので家族と出かけてきました。

【倶多楽湖】
相変わらず掴み所のない湖やねえ、きれいなんだけど…。
IMG_5522_2.jpg

【登別】
「洋食のケニヤ」という店でお昼を食べましたが、けっこう美味かったです。
オムライスとハンバーグがお薦めですが、ナポリタンもいけます。
しかし、店内は禁煙にしてほしいところ。味は良いのに…。
IMG_5532_2.jpg

【オロフレ峠】
ダケカンバの黄葉を期待してきたが、既に落葉。しかし、
ここは空が近くに感じられて気持ちがいい。
IMG_5546_2.jpg

【札幌】
千歳に遠征中の娘を迎えに来たのだが、ずいぶんと遠回りしたもんです。やれやれ。
モモは留守番の一日でした。
IMG_5559_2.jpg

よく晴れ上がった朝

【朝の散歩:6:45~7:15】【快晴】
よく晴れ上がった朝、帯広では初霜初氷が観測された。
PA130461_2.jpg

手すりに写った生け垣の影、根室の画家、故高坂和子(こうさか・かずこ)さんの絵を連想。
http://www.gallery-tsubaki.jp/2001/010514.html
PA130464_2.jpg

【朝の散歩:8:00~30】【晴れ】
【夕の散歩:16:40~17:20】【快晴】
昼、由仁方面にて飯。
PA120452_2.jpg

午後、芋を焼きながら日ハム観戦。CS第1ステージ突破!!
小谷野と坪井の活躍がウレシイ。
PA120456_2.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる