去りゆく夏を楽しんだ一日

【夕の散歩:17:30~18:10】【快晴 雲量:0】
早朝に曇っていた空は、10時頃から見る見るうちに回復し、その後終日快晴の一日。
その炎天下にPTAの野球大会に参加してきた。日焼けが著しい。
去りゆく夏を楽しんだ一日。
P8310315_2.jpg

ダイコンの種が発芽

【朝の散歩:9:00~30】【曇り 雲量:9 層積雲】
【夕の散歩:17:50~18:20】【曇り 雲量:8 層積雲】
雨が止んだ。今日は終日曇り。
先日蒔いたダイコンの種が発芽した。そこに桃姫が粗相を…!!。
P8300307_2.jpg

P8300309_2.jpg

P8300303_2.jpg

遠足は中止に…

【朝の散歩:8:10~40】【雨】
明け方から激しい雨と雷。モモを家の中に入れる。
雨が少し納まったので朝の散歩。
今日は小学校の遠足の日だったのに、中止になりそうです。
P8290301_2.jpg

P8290299_2.jpg

【夕の散歩:17:30~18:00】【曇り 雲量:10】
夕方、次女ともめる。子育ては一筋縄ではいかぬ。なかなかに難しい。

カツラの葉が香る

【朝の散歩:8:10~40】【曇り 雲量:9 層積雲+高積雲】
カツラの甘い香りがする。落葉が目立ってきた。
おいおい、もう秋ッスか?
P8280287_2.jpg

P8280288_2.jpg

【朝の散歩:9:00 ~20】【激しい雨】
【夕の散歩:18:00~20】【穏やかな雨】
しかし、いずれにせよ雨、雨、雨。
P8270276_2.jpg

P8270278_2.jpg

P8270283_2.jpg

お昼にチキンラーメン 卵入りだよ~ん

【朝の散歩:8:00~30】【曇り 雲量:8 巻雲+高積雲】
P8260265_2.jpg

P8260266_2.jpg

昨日の新聞に「即席麺誕生50周年」という記事があったので、開発者に敬意を表して、
今日のお昼は卵+ネギ入りチキンラーメン&ライス。
P8260267_2.jpg

即席麺にまつわる思い出は沢山あるが、一つだけ。小学校2年生くらいの時に、大きな青い池のそばにある露頭に化石堀に行った時のこと、帰りのバスまでに時間があったので、バス停のところの雑貨屋さんで即席麺を購入、そこのお婆さんが卵+ネギ入りのラーメンを作ってくれたのだった。美味かったし、これまでのベストです。

【夕の散歩:17:30~18:00】【曇り 雲量:8 高層雲+】
終始ランニングの散歩。散歩の後は朝夕とも乾布摩擦。
それから風呂場にて丁寧に足裏を洗う。
ううむ…、これで仕事がなければ実に健康的な生活なのだが…。
P8260271_2.jpg

ほんとうにまだ8月?

【朝の散歩:8:30~9:00】【曇り時々晴れ 雲量:8 高積雲】
涼しい。ほんとうにまだ8月?
夏の散歩はTシャツ一枚だったが、そろそろ厳しくなってきた。
親戚からシューアイスが大量に届いたが、ちょっと季節にミスマッチ…
P8250247_2.jpg

街路ではハマナスやナナカマドの実の朱色が目立ってきた。
今日あたり冬の漬物用にダイコンの種を蒔く予定。
P8250246_2.jpg

【夕の散歩:17:30~18:00】【曇り時々晴れ 雲量:8 層積雲+高積雲+高層雲】
低い雲が北東に流れていく。
その上空に何層もの複雑な雲があって、夕陽に照らされている。
P8250262_2.jpg

P8250259_2.jpg



【朝の散歩:8:30~9:00】【晴れ 雲量:7 積雲】
午前中、近所の公園の清掃と草取り。
P8230234_3.jpg

【夕の散歩:17:00~40】【曇り 雲量:9 高層雲+積雲】
午後から曇りがちの天気。相変わらず涼しい。
P8230238_3.jpg

寒い朝

【朝の散歩:7:00~30】【快晴】
稚内市沼川では最低気温が1.5℃となり、8月の道内としては観測史上、最低の気温とのこと。
P8220220_2.jpg

公園の芝生が朝露に濡れてびっしょり。当方とモモの足もぐしゅぐしゅ。
P8220224_2.jpg

午前中、北大低温研裏手の研究所にて打合せ。
北大グラウンドでは女学生達がラクロスを練習していた。初めて見る競技。
P8220232_2.jpg


【朝の散歩:8:20~50】【晴れ 雲量:6 積雲】
涼しい朝。道内の最低気温は5℃程度、とのこと。もうすぐ霜が降りる気温。

夕方、スペアリブを焼く

【朝の散歩:8:00~30】【曇り 雲量:10】
モモが後ろ足で自分がしたウンコを吹っ飛ばしたが、不幸にもその先に私がいた。
激怒!!

【夕の散歩:16:00~30】【曇り 雲量:10 層雲】
P8200215_2.jpg

今日はかみさんと長女の誕生日で、夕方、スペアリブを焼く。
P8200217_2.jpg

残暑見舞いをいただきました

【朝の散歩:9:00~30】【曇り 雲量:9 積雲+】
午後から本格的に天気が崩れてくる予報。
P8190205_2.jpg

昨日、東京の友人M氏から残暑見舞いをいただきました。
ありがとうござます!お元気そうで何よりです。
P8190208_2.jpg

いただいたお写真は福岡からの飛行機の窓から撮影された、とのこと。
えっ?デジですよね?
当方も昔、飛行機からデジで撮影していたら、美人アテンダント数名に取り囲まれ、色々なことをされたあげくに簀巻きにされ、貨物室に放り込まれた経験がありますが、今は大丈夫なのでしょうか?

【夕の散歩:17:00~30】【雨】
雨が降ったり止んだりしているが、夕方から本格的に雨。
P8190209_2.jpg

P8190212_2.jpg

虫がつくる影

虫がつくる影の美しいこと… クロウスタビガ

P8180187_2.jpg

晴れのち曇り

【朝の散歩:9:10~40】【快晴 雲量:2 積雲】
天気が良いのは今日までのようだ。北海道の高校は今日から2学期が始まる。
P8180182_2.jpg

P8180181_2.jpg

ニュースによると米テキサス州で教師の銃携帯が一部の公立高校で認められる模様。教師の方には悪いが、教師ってそんなに信用できる存在なのだろうか?所詮、同じ人間。しかし、米国の銃社会もここまで来たか、って感じで恐ろしい!武器商人が金に物言わせて選挙をコントロールしている図式が垣間見える。

”米国”は中国語で”美国”と書くようだが、皮肉にしか読み取れない。北海道には美国(びくに)という海が美しくて寿司が美味い町があるが、こちらは本当に良いところ。同じ字を当てるのはやめてほしい。

【昨日のモモ】 天気がよいので庭でジンギスカンをした。モモにもお裾分け。
P8170175_2.jpg

【夕の散歩:17:00~30】【曇り 雲量:9 巻層雲+高積雲】
P8180195_2.jpg

夏の終わりはやっぱりコレ!!
P8180198_2.jpg

驟雨時々晴れ 雲が騒がしい一日

【朝の散歩:9:30~10:10】【驟雨時々晴れ】
過ぎてしまったけど8月14日は桃姫が家に来てから丸3年のメモリアルデイでした。
早いね。丸三年、毎日毎日こいつと走ってきた。
P8160152_2.jpg

朝から時々ザッーっと雨が降っては晴れる不安定な天気。
P8160155_2.jpg

昨日今日と町内会の盆踊り。子供たちは天気が気になる様子。
P8160154_2.jpg

そうそう、昨夕、栃木の某私立大学のS教授から久しぶりに電話をいただいた。
前の飼い主様にも、「元気でやっているかい」とのことでしたので、伝言いたします。

『バッテリーⅠ~Ⅵ』 あさのあつこ著 角川文庫

長女に買ったのですが、読んでいないようなので取り上げました(^_^)v。
長い物語ですが、一挙に読了しました。

言わずと知れた野球に打ち込む少年達のお話しです。少年達にしてはずいぶんと意味が深~い会話がたくさんに出てくる。「ほんまにあんたら中学生か?」、と問いたくなるような会話、そんな会話に託された著者の想いがこの本の読みどころだと感じました。中でも、

・著者は、大人の世界になると付加される余計な物がお好きではないようです。野球にも付加される、夢や希望、甲子園、管理、学校教育、友情などなど。そうではなく『身体が感じる生々しい快感』を信じてみること、初めて野球した時の楽しい気持ちに忠実に生きることを対置させているように感じました。

・著者は、『こうでなくてはならない』という暗黙の規範のようなものがお好きではないようです。そのような規範は人を萎縮させ、屈折させ、結果、可能性を奪ったり、隠したりするという現実があります。一途さの裏に隠されている、一途でない者への無言の軽蔑や嫌悪があることも描かれています。

・主人公の年代は中学生、子供と大人の端境期という設定です。こんな時期には壁になって立ちはだかる物がたくさん↑ありますね。それに対処する方法として、「関係ない」と拒む方法があるのですが、コレってしんどいですね。主人公の巧(たくみ)君が採用する方法ですが、周りの人間と関わることで、巧の「関係ない」は少しずつ変わったり、変わらなかったりします。それも読みどころだと感じました。

まあ、こういったこともヒシヒシと伝わっては来るのですが、先ずは物語として面白いので、時間のある方にはお薦めです。しかし、長さをもう半分くらいに凝縮してもらえたら、もっと良かった。ひょっとして映画の方は凝縮されている? 今度見てみたい。

過ぎ去っていく夏

【朝の散歩:10:00~30】【雨】

暑中お見舞い申し上げます。
こちら札幌は何だか秋の気配が濃厚でして、草花ですとススキ、アワダチソウ、ワレモコウ、ヤブマメなどが目立ち始め、虫ですとキリギリスの仲間が頻りに鳴いています。今年の夏は真夏日が少なく、またセミの鳴き声も少なかったようで、物足りなさを感じるとともに、あっけなさを感じています。
P8150147_2.jpg

【ゆく夏を惜しむモモ:ご無沙汰しておりまぁす】
P8150146_2.jpg

夕方 少し風がでてきた

【朝の散歩:8:30~9:00】【快晴】
【夕の散歩:17:00~30】【晴れ 雲量:6 高積雲】
P8110129_2.jpg

P8110131_2.jpg

道北の空から

【2008/08/08 初山別】
初山別天文台としょさんべつ温泉岬の湯を楽しみました。
天文台には北海道でも有数の大きさの65cmカセグレン式望遠鏡があります。
当日は、日中はよく晴れていたのですが夜になって雲が増えてきました。
どうにか月と木星、琴座のベガを見せてもらうことができました。黒田さん、ありがとう!
岬の湯は特に露天風呂からの眺めが素晴らしく、利尻富士がよく見えました。
P8080033_2.jpg

P8080045_2.jpg

【2008/08/09 天塩】
天塩では、てしお温泉夕映を楽しみました。
お湯には独特の臭気がありますが、肌がすべすべになります。
ここの展望も素晴らしく、天塩川の河口~日本海~利尻富士の大パノラマを堪能することができました。
P8090090_2.jpg


【2008/08/10 中川~音威子府】
ようやく、砂沢ビッキのアトリエを訪ねることができました。
おさしまの広々とした空間に、ビッキのアトリエ=美術館が残されています。
静かでゆったりとできる場所でした。
P8100115_2.jpg

P8100127_2.jpg

道北の空は青くて広いなあ~!!

しばらく道北方面に行っておりました。
詳細はまた後ほど…

P8080010_2.jpg

男鹿和雄さんと森で絵を描いてきた

【朝の散歩: 6:45~7:15】【快晴】
【夕の散歩:17:00~ 30】【晴れ 雲量:4】
午前中、芸術の森に行ってきた。男鹿和雄さん(=ジブリの美術担当、現在フリー)と森で絵を描こう、という小学校高学年対象のイベントがあって、応募していたら抽選に当たり、参加させていただいた。イベントにはスタジオジブリの美術担当、田中直哉さんも同行してくれた。

スカッと晴れた北海道らしい天気で、木陰は涼しくて風がとても心地よかった。子供たちは、男鹿さんや田中さんにやさしく接してもらったようで、大満足の一日でした。

ところで親はイベントには参加させてもらえなかったのですが、2時間ほど、そこらへんの木陰でぼけーっとしておりましたが、それはそれで好ましい状況でした。
P8070256_2.jpg

P8070242_2.jpg

P8070273_2.jpg



【朝の散歩:8:00~30】【晴れ 雲量:3 巻雲+高積雲】
日差しが強く暑いが、木陰に入ると心地よい、北海道の夏らしい天気。
P8060222_2.jpg

P8060224_2.jpg

P8060225_2.jpg

今夜は星がきれいだろうなあ

【朝の散歩: 7:00~30】【快晴】
【夕の散歩:17:00~40】【快晴】
今夜は星がきれいだろうなあ。仕事があり、見に行けない。
P8050216_2.jpg

宮崎駿氏の新作を見に小樽まで行ってきた

【朝の散歩:7:00~30】【快晴】
【夕の散歩:17:30~18:00】【晴れ 雲量:4 高積雲】
朝から夕方までスカッとした晴天だった。

午前中、映画=宮崎駿氏の新作、を見に小樽まで行ってきた。
ストーリー展開があるようで、無いような不思議な映画だった。
「何故?…」という場面が多かったかなあ。何故だ????
P8040208_2.jpg

P8040210_2.jpg

夜、近くの畑まで行き、松本氏の正立アタッチメント、EMS-Sのファーストライト。
”地上を見た方が性能が分かる”、というアドバイスをいただき、手稲山の電波塔群を見たが、
Very Niceでしたよ!その後、月と木星を見ましたが、やはり正立像は見やすいです。
IMG_5198_2.jpg






Michael Hedges

20数年前、当方がまだガキの頃、札幌でウィンダム・ヒルのコンサートがあった。

当時、ウィリアム・アッカーマンというギタリストが脚光を浴びている時で、私も彼の演奏が聴きたくてチケットを購入したのだが、開演直前に彼が体調不良で演奏できないことが告げられた。私も含めて会場に来ていた人たちは一様に裏切られた感じを持ったはずだ。

がっかりして、椅子に深々と座り、期待もせずにカーテンが開くのを眺めていた我々の前に現れたのは、髪を後ろで束ねたちょっと女性のような雰囲気の青年だった。なんだ、この期待できない人は…、と感じたのは一瞬のことだった。ギターを弾き始めたこの青年が奏でる音楽は、これまでに見たことも聴いたこともないような、衝撃的なものだった。鼓動が早くなり、総毛立った。もはやウィリアム・アッカーマンのことはどうでもよくなった。会場全体が熱くなっていった。忘れることができないコンサートだ。

もちろん、その青年の名はMichael Hedges(マイケル・ヘッジス)。残念なことに、1997年に自動車事故で亡くなってしまった。

最近その存在を知ったYouTubeなるものでマイケルの映像を検索してみた。いやあ、結構沢山あるんだね。コンサートの隠し撮りなんかもあって、際どいものも混じっているのだろうけど、今となっては貴重な映像だと思う。ありがたい、本当!

私のお気に入りは、"Ragamuffin"、"Gimme Shelter"、"Aerial Boundaries"などですが、一番思い入れがあるのは"Follow Through"という曲。もし興味がある方は、一度"Michael Hedges"で検索してみてチョ!

ジトジトと連日降ってくれている

【朝の散歩:8:30~9:00】【曇り時々雨】
天気が悪くて気が滅入っています。
P8030201_2.jpg

P8030194_2.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる