町の本屋さん

まっとうな文化はローカルな自然や人間との関わり合いなしには生まれない、というのが持論である。しかし、最近では「グローバルな基準」が幅を効かせて、ローカルが疲弊している。

「グローバルな基準」は目に見えぬ毒を隠している。「有無を言わさぬ単一の尺度を押しつけている」ように感じる。それを受け入れると、待っているのは激烈な競争だ。「単一の尺度で測られる競争」に耐えぬいた人間(あるいは組織)だけが生き延びられる社会って、面白くない。まあ、ひがみも多分に入っている。

それに対する「ローカルな基準」には安直な面がある。「全国区で比較するとベストではないかもしれないが、まあ仕方がないから受け入れる」、といった…。しかし、そんな安直さが様々なニッチを生み出す素地になってきたと思う。人々がそのエリアで生活を完結させるためには、色々な人間(や組織)が必要だからだ。「お前もここに居てもいいんだよ」、って言われたら、落ち着いて暮らせるような気がするのだが、甘いかなあ。しかし、余裕がないところには面白みのある文化って生まれないような気がするのだ。

P.S
私の田舎の本屋は規模的にはコー●ャン▲ォー等の大型店と較べようがないが、それでも中高生だった私の好奇心を十分に刺激してくれた。町の本屋はありがたい。ちなみにネットで調べたら、お世話になった本屋はまだ生きていた!潰さないようにみんなで買いましょう。

【あなたの町の本屋さん】
http://www.shoten.co.jp/nisho/joho7/mybookstore/yourbookstore.asp

久しぶりに寒い朝

【朝の散歩:8:35~9:10】【晴れ 雲量:3 巻雲+高層雲】

お近くの恵庭で氷点下17℃を下回った。
久しぶりにピリピリするような寒い朝だ。
昨夜からの雪は20cmほど積もった。
P1310002_2.jpg


P1310014_2.jpg


モモの吐く息も白い!
P1310007_2.jpg


路側帯の雪も背の高さになってきた。
P1310009_2.jpg

続きを読む»

暖かな朝は今日まで → 夜には本格的な雪模様

【朝の散歩:8:30~9:10】【晴れ 雲量:7 巻層雲+高層雲】

松本に住んでいる前の飼い主様からお手紙を頂戴いたしました。
元気そうでなによりです!

今朝は北西方向の空に不完全ながらレンズ雲が見られた。
P1300351_2.jpg

↓ 拡大
P1300350_2.jpg


【北東方向の空】
P1300347_2.jpg


【遠くで吠える犬の声に反応するモモ】
P1300357_2.jpg


昼から北大方面で会議。
夕方戻るときにも、朝と同じようなレンズ雲が北西の空にあった。
そして、夜には本格的な雪模様となり、黒い犬は真っ白になる。

【上野行き北斗星の食堂車 乗ってみたいなあ】
P1300362_2.jpg


P1300364_2.jpg


昨日に引き続き穏やかな朝

【朝の散歩:8:30~9:00】【晴れ 雲量:6 高積雲】

昨日に引き続き暖かな朝だ。
昨日、札幌は20日振りに真冬日ではなかったとのこと。
19日連続真冬日は20年振りで過去7番目の長さだったそうな。
寒かったんだね。

P1290337_2.jpg


P1290338_2.jpg


モモも相変わらず元気です!
P1290340_2.jpg


P1290342_2.jpg


P1290343_2.jpg


続きを読む»

日が長くなってきましたね

【夕方の散歩:16:00~40】【快晴 雲量:2 巻雲+高積雲+積雲】

日が長くなってきましたね。
この時間帯でも西日が射しているのは、ありがたい。
私の足もずいぶんと長くなってきました?
P1280321_2.jpg


P1280336_2.jpg

駄犬→雪投げ犬

【朝の雪投げ:9:00~10:00】【曇り時々雪 雲量:10 降雪雲】

昨夜はまた雪だった。
家の前にも雪が溜まってきた。

ということで、
うちの駄犬にも仕事の時がやってきた!!
P1260303_2.jpg


P1260302_2.jpg



【夕方の散歩:16:00~30】【晴れ時々雪 雲量:3~9 降雪雲】
午後も断続的に雪で、約10cmの新たな積雪。
朝に雪投げしたのに、また雪投げだ。
P1260308_2.jpg


北西方向から雪雲が接近してきた。
P1260313_2.jpg


ところで、モモの足の裏には毛がある。肉球と肉球の間を埋めている。
普段は滑り止めになっているのだろう。しかし、
新雪の時はそれに雪がへばりつき、雪玉になってしまう。
そうなると痛いらしい。やおら寝そべって足をかみ始める。

仕方がないので、雪玉を取るのを手伝ってやる。
そんなことで信頼関係が生まれるかというと、そんなこともないらしい。
相変わらずの言うことを聞かぬ、駄犬は駄犬だ。しかし、
何となくうれしそうな目つきで見上げることもある。
それが感謝のしるしかどうかは分からんが…

古平の本屋さんの話

新聞の投稿記事を読んだ。

「古平町にあった本屋が閉店した」という記事を読んだかつての住人が、その本屋や商店街の思い出を語り、昔の店が無くなっていく様子を残念がっていた。日本中、どこでも同じようなことが起こっている。ここ札幌でも昨今、老舗の本屋(なにわ書房)やカメラ屋(カメラのソヤマ、月寒カメラ)の閉店や倒産が続いている。

情報回線や交通の発達に伴い、地方の小売業者は激烈な競争に晒され、耐えきれなくなって店をたたむ。町の姿も変わる。自ずとそのような環境に生きる人間も変わる。どんなに歪みが溜まろうとも、破けるところは破けるに任せて変わっていくのだろう。

「やれる」ということと、「やっていいこと」は別だろう。例えば、原子力や生命操作、グローバル化などなど…。「人間とはかなり愚かな生き物である」、という前提なしで物事を決めたりしない方が賢明だと思う。…と言いつつ、せっせとネットで本を注文したり売ったりしている、愚かな私。

札幌は快晴

【朝の散歩:8:30~9:00】【快晴 雲量:2 積雲】

昨日とは打って変わって快晴。しかし、
写真には撮っていないが、北西の山岳地帯には雲がかかっていた。
8時の衛星画像を見ると、その様子が表現されていた。

P1250286.jpg


P1250287_2.jpg


【気象庁・東京大・高知大提供のひまわり可視画像 一部 8時】
eisei_8_080125.jpg


P1250288_2.jpg


【夕方の散歩:16:00~30】【晴れ 雲量:6 薄い高層雲+積雲】

陽が長くなってきた。
この時間の散歩でも余裕の撮影である。
P1250292_2.jpg


北東方向の彼方に樺戸山系のピンネシリ山と神居尻岳が見えた。
相変わらず札幌の北西方向に雲がかかっている。
P1250293_2.jpg


P1250296_2.jpg


今日は珍しく全道的に北よりの風が吹いた。で、
いつもとは違った場所で雪が降っている。
オホーツク海側の西興部村や北見で大雪。
札幌近郊では北西方にあたる赤井川村周辺で雪が多かった。

この風に乗って沖合に停滞していた流氷が移動、
雄武と紋別で流氷接岸初日を記録した。

【気象庁・東京大・高知大提供のひまわり可視画像 一部 14時】
ryuhyou_13.jpg

黒い犬にも雪は降る 降る 降る

【朝の散歩:9:00~30】【大雪】

朝から雪、雪、雪…

P1240264_2.jpg


P1240272_2.jpg


【気象庁・東京大・高知大提供のひまわり可視画像 8時】
eisei_8.jpg


【夕方の散歩:16:00~30】【曇り時々雪 雲量:10 降雪雲】

札幌の降雪は約30cm、歩道は消えた。
散歩っていうよりも「ラッセル」に近かったね。

P1240283_2.jpg


P1240277_2.jpg


P1240276_2.jpg

穏やかなのも本日まで

【朝の散歩:8:40~9:10】【晴れ 雲量:4 巻雲+高積雲+飛行機雲】

昨日に引き続き、風もなく穏やかな朝だ。
本州南岸を低気圧が通過中、東京方面は雪。
この低気圧が通り過ぎると、また寒気が入ってくる。
穏やかなのも今日までか…。

P1230254_2.jpg


P1230255_2.jpg


P1230251_2.jpg


P1230253_2.jpg

続きを読む»

穏やかな朝

【朝の散歩:8:30~9:10】【晴れ 雲量:7 高積雲】

穏やかな朝だ。寒さも一時のような厳しさはない。

P1220242_2.jpg


P1220250_2.jpg


P1220248_2.jpg

雪、雪、雪

【朝の散歩:8:30~9:00】【雪 雲量:10 降雪雲】

朝っぱらから雪、雪、雪。
上空の気流がどうやら北寄りに変わったようだ。

昼までに約15cmの降雪。しかし、
気温が低いので雪はサラサラで、箒で掃くことができる。

日本付近可視画像を見ると色々と面白いものが見えてくる。
オホーツク海には流氷が見える。寒気に伴う筋状の雲は、氷原の上では発達せず、海面が現れてから出現する様子や、知床半島などを起点とした山岳波動がずいぶん遠くまで続いている様子などが分かる。

P1210229_2.jpg


P1210236_2.jpg


【気象庁・東京大・高知大提供のひまわり可視画像 20日と21日から】
気流の変化


【気象庁・東京大・高知大提供のひまわり可視画像 21日9時】
ryuhyou_9.jpg

もっと美しい空

【朝の散歩:9:30~10:00】【晴れ 雲量:7 積雲】

空の美しい朝。
しかし、もっと美しい空を見たい。

P1200209_2.jpg


P1200211_2.jpg


近くのショッピングセンターにてお昼の買い物。
当方は待ち時間を利用して、屋上にて撮影(EOS20D)。
しかし、風が強くて、メッチャ寒かった

【西の空:西岡方面】
IMG_4605_2.jpg


IMG_4632_2.jpg


【北東の空:お約束の石狩湾からの積雲の進入】
IMG_4623_2.jpg



続きを読む»

寒い朝 穏やかな一日

【朝の散歩:8:30~9:00】【晴れ 雲量:4 積雲】

昨夜は久しぶりに本格的な雪になった。

散歩時の気温は氷点下10℃を下回っていた。
晴れているのに空からキラキラと光るものが降り注いできた。
ダイヤモンドダストだろうか?札幌では珍しい現象だ。

P1190191_2.jpg


P1190195_2.jpg


P1190199_2.jpg


昼、札幌駅方面で寄り合いがあった。
よく晴れ上がって、JRタワーがすっきり見えていた。

P1190200_2.jpg


【夕方の散歩:16:30~17:00】【晴れ 雲量:3 積雲】
この時刻になると、サイクリングロードの人影もまばらだ。
南東の空に半月と火星が輝いていた。

P1190203_2.jpg

釧路へ出張、快晴 → 夜、札幌は大雪

釧路へ出張。

日高山脈を越えると十勝晴れ。
冬は、飽きるほど晴天が続く道東だ。
雪が少なくて寒い。中小河川はほとんどが結氷している。
製紙会社の煙突から出る煙が目立ってくると、もうすぐ釧路駅だ。

P1180170_2.jpg


P1180175_2.jpg


P1180176_2.jpg


P1180178_2.jpg


帰りは駅横の食堂で油子の刺身とタコの唐揚げで生ビール。
駅でさんぼう寿司とビールを購入して、最終の「おおぞら号」に乗り込む。
さんぼう寿司とはサンマの巻き寿司のことで、昆布で巻いてある。
いずれもおすすめです。

P1180186_2.jpg

雪上に落ちていた楽譜に…

【夕方の散歩:16:20~16:50】【晴れ時々曇り 雲量:6~8 降雪雲】

夕方の散歩の時、歩道の雪の上に紙切れが二枚、落ちていた。
近寄って見るとそれは楽譜で、タイトルは"Top of the World"。
カーペンターズの名曲である。

この曲は中学の時に皆の前で歌う予定であったが、
伴奏用のラジカセが動かなくなり、
歌えなかったという苦い思い出がある。

というような思い出に浸る間もなく、
桃姫はその紙切れの上でお○○こをしてしまった。
誰が落としたか存ぜぬが、申し訳なく…

P1170159_2.jpg


P1170162_2.jpg


P1170163_2.jpg

氷点下10℃の散歩

【朝の散歩:8:30~9:00】【晴れ 雲量:6 高積雲+積雲】

とにかく寒い。とにかく冷たい、足が、耳が、顔が、手が…。
いつものように軍手でモモと遊んでやったのだが、途中で外れてしまい、手がしびれてきた。
モモに「待った!」をかけたのだが、「問答無用!」の顔つき、参った~。

今朝は札幌近郊の江別や恵庭でも氷点下20℃を下回り、
北部山間盆地の江丹別(-33.2℃)や朱鞠内(-30.8℃)などでは氷点下30℃を下回った。
この冬一番の冷え込みだ。

P1170154_2.jpg


P1170158_2.jpg


P1170156_2.jpg


P1170157_2.jpg

快晴の朝 雪の夕暮れ時

【朝の散歩:8:40~9:10】【快晴 雲量:1 積雲】
【夕方の散歩:17:00~30】【雪 雲量:9 降雪雲】

よく晴れ上がった朝だ。
気温は氷点下5~6℃だが、暖かに感じられる。

日中、札幌駅前のキャノンサービスにEOS20Dを受け取りにいった。
CCDのクリーニングに出していたのだ。
ありがたいことに未だに無料でクリーニングしてくれる。
フロアにはクリーニングとおぼしき客が5人程いたが、需要は高いようだ。

P1160153_2.jpg


P1160152_2.jpg


変わって夕方には雪、少しだけ積もった。
気温が低いためにサラサラの雪だ。

雪の中 ラブと髭面親父に出会った

【朝の散歩:8:50~9:20】【晴れ 雲量:3 積雲】
【夕方の散歩:15:40~16:20】【雪 雲量:9 降雪雲】

晴れ後時々雪の一日。

夕方の散歩の時、黒いラブ+髭面親父とすれ違った。モモは私に押さえられながら頻りにラブに吠えかかった。すれ違いざま、その髭面親父が誰にともなく「うるさいなあ~」と一言つぶやいた。

そこで私は大人の態度をとるわけだが、胸中では、「別にあんたに吠えたわけではない」とか何とか言って、喧嘩を売っているのだった。子供やね。

修行を積んだお坊さんなら、笑みとともに、「いやあ、本当にうるさくてすみませんねえ」くらいの一言がすっと出てくるのかもしれない。よくよく考えてみると、我々は髭面親父と喧嘩するために散歩しているわけではなく、また当然、サイクリングロードは我々だけのものでもない。だから、些細なことに囚われることなく、心穏やかに、空でも愛でながら散歩することが幸せにつながる、とは思うのだけれどね…。修行がタリンねえ!

【夕方の北東方向】
P1150147_2.jpg


P1150151_2.jpg

久しぶりのまとまった降雪

【朝の散歩:9:40~10:10】【雪 雲量:10 降雪雲】

昨夜から少しまとまった雪が降り、数センチ程度の新雪。
散歩時も雪模様。風はあまり強くない。

ご近所から玄米付けのダイコン二本をいただく。
美味!

P1140121_2.jpg


P1140128_2.jpg


P1140124_2.jpg


P1140123_2.jpg

続きを読む»

引き続き寒い札幌

【朝の散歩:10:30~11:00】【曇り 雲量:8 降雪雲】

寝坊してしまい、遅い散歩だ。
時折、風雪模様になる。昨日に引き続き寒い朝だ。
空は、北東側に降雪雲、南西側に晴れ間と分かれている。
北東側が勝ると風雪になり、南西側が勝ると日が当たる。

モモはご機嫌に散歩。
帰り際、いつも猛烈に吠えてくれる柴犬(我々はその風貌から「キツネ君」と呼んでいる犬)がいるのだが、運悪く鎖が外れていて、突然モモとバトルになった。鼻にシワをよせて敵意丸出しだが、いかんせん体重が違い勝負にはならない。飼い主さんに伝えたいが、近寄れば同じ状況になるのは目に見えているので諦めた。ご無事を祈るのみ…。

P1130112_2.jpg

寒い朝 耳が痛い

【朝の散歩:8:50~9:20】【晴れ 雲量:6~7 積雲+巻雲】

寒い朝だ。気温は氷点下7℃ほど。耳が痛い。
石狩湾から空知方面に雪雲が進入している。

P1120062_2.jpg


P1120074_2.jpg


P1120070_2.jpg


P1120072_2.jpg


P1120073_2.jpg

続きを読む»

モモ 脱走する!!

今朝は大変だった。

散歩に連れて行こうと支度してモモのところに行ったが、いないではないか!
さあ、それから探しに探した。そこへ娘の友人のお母さんから電話があり、モモがうろうろしているという。うろうろしている、という方向に向けて走りに走った。

幸いにもモモを知っている別の犬の飼い主さんが機転を利かして、玄関フードにモモを誘ってくれていた。モモの顔を見たときはその場にへたり込んでしまった。

逃走の原因はまだよくわからない。朝、外に出すときにフックをかけ間違えていたか、自然に外れたか…。一応、心配なので新しいフック付きワイヤーを買ってきて取り替えた。
そんな訳で、朝は空を見上げているような余裕はなかった。当然、モモの朝の散歩もなしだ。見つけてくれた人によると、モモはウレシソウにそのあたりを走ったり飛んだりしていたそうだ。まったく人騒がせな駄犬だ。

寒気が北海道を覆い寒い朝

【朝の散歩:9:00~30】【曇り 雲量:10 高層雲】

相変わらずモモに引きずられるままに散歩。
力が湧いてこない。

寒気が北海道を覆いつつあり、とても寒い。
相変わらず雪は少ない。

P1100030_2.jpg


P1100032_2.jpg


【お知り合いの犬が遠方より来たるw】
P1100033_2.jpg

続きを読む»

ただ、だらだらと引きずられていく

【朝の散歩:8:30~9:00】【曇り 雲量:10 高層雲】

久しぶりの散歩だが、身が入らない。
ただ、だらだらとモモに引きずられていく。
空は灰色一色で面白くも何ともない。

P1090028_2.jpg


P1090027_2.jpg

続きを読む»

佐々木栄松画伯の「黒」

昨日の帰りに友人のライターと釧路ステーション画廊を訪ねた。
ここには「湿原」などをテーマとした釧路の画家、佐々木栄松(えいしょう)画伯の絵が常設展示されている。佐々木画伯の湿原の絵には、赤や黄、紺など多彩な色彩で描かれた絵も多いが、一方で、ご本人も好きだと言われている「黒」を基調とした絵が、私は一等好きだ。

IMG_4567_2.jpg


学芸員の方の話しによると、御年94歳になる画伯はまだまだ現役で、鬼籍に入られるまで現役でおられるのでは、ということであった。

釧路の空

昨日今日と釧路に行っておりました。
ただ一言だけ、疲れました。

ここ2週間ほどを準備に費やしたコンペには敗れてしまいました。
広い釧路の空がいつもより少し目に染みますねえ (T_T)

P1080014_2.jpg


友人と飲んだ時に食ったツブ焼きと油子の刺身、美味かったなあ~

P1080023_2.jpg

休日なのに仕事の一日

【朝の散歩:9:00~30】【晴れ 雲量:7 高層雲+積雲】
【夕方の札幌:16:20~17:00】【曇り時々雪 雲量:10 降雪雲】

どうにもスッキリしない天気だ。
降るでもない、晴れるでもない。

【雪投げ場所になった散歩道】
P1060345_2.jpg


P1060347_2.jpg

穏やかな一日

【朝の散歩:8:30~9:00】【晴れ 雲量:5 高積雲】
【夕方の散歩:16:30~17:00】【曇り 雲量:8 高積雲】

上空は弱い西よりの風で、このような時、札幌はよく晴れる。
今日はそんな一日であった。相変わらず積雪は少ない。

P1050338_2.jpg


P1050340_2.jpg


【気象庁・東京大・高知大提供のひまわり可視画像 13時】
衛星画像

続きを読む»

The Patterson Book 1,2

イギリスの画家 Frank Patterson (1871~1952)の作品集である。ペンだけで描かれている。題材は自転車とサイクリングであり、古き良きイギリスの風景や風俗とともに描かれている。

私がこの本を初めて見たのは大学の3年の時だった。指導教官の書棚にあったのだ。先生はこれを1万円で売ってもよい、という。かなり迷ったが、お金がなくて買えなかった。半年ほどお借りして、しぶしぶお返しした。

現在、私はこれを2冊持っている。
一冊はその恩師の家に数年前に押しかけて再度借りたもの。いずれは返さなくてはならない。もう一冊は、この本をいずれ返す時のために、一昨年新品を購入したものである。

先生にお借りした方はかなりボロボロになってきた。それで返しそびれている、ということもある。先生には古い方ではなく、新しい方をお返ししたいと考えているが、受け取ってもらえるだろうか?私はどちらかというと、学生時代から見てきたボロボロの方に愛着を感じているのだが…

P1040333_2.jpg


P1040334_2.jpg


P1040337_2.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる