オオミドリシジミの羽化

5月20日に採集した幼虫が、5月29日に蛹化して、6月17日から羽化し始めた。4頭全てが羽化に成功!
オオミドリシジミ_20170619_1

ド完ピンの♂。メチャクチャ美しい!
オオミドリシジミ_20170619_2

虫ピンの影。
オオミドリシジミ_20170619_0

オヒルムシロとキカオアシブトハナアブ

札幌近郊の水路でオヒルムシロの花を観察した。柱頭が4つに別れて分かれている。雄花は隠れて見えない。似た種にヒルムシロやフトヒルムシロがある。フトヒルムシロとは沈水葉の形で区別することができる。オヒルムシロの沈水葉は線形。
オヒルムシロ_20170609_1

オヒルムシロ_20170609_2

キカオアシブトハナアブが花を訪れていたが、花粉を食しているのだろうか?
キカオアシブトハナアブ_20170609

最近遭遇したハエトリグモ

これは昨日、車を運転中にハンドルを歩いていた奴。
ハエトリグモsp1_20170603_1

いや、こんなにおどろおどろしい奴ではないな(笑)。フラッシュ一発、通常のハエトリに変身。
ハエトリグモsp1_20170603_2

こちらは先週、車庫の中をうろついていた奴。どちらもまだ名前は分からない。
ハエトリグモsp2_20170603

蛹化したオオミドリシジミ

昨日、4頭全てが蛹化したのを確認。個体によって少しずつ色が異なる。これは縁に緑色が透けて見えるタイプ。♂かな。
オオミドリシジミ_蛹化_20170528_1
*TG 深度合成

オオミドリシジミ_蛹化_20170528_3
*TG 深度合成

有剣蜂類の羽化

昨年北広島の3箇所に仕掛けた、管住性ハチ類のトラップから前蛹が羽化し始めている。まだ全て取り出せていないので、少し焦っている(汗)もうちょっと待ってて!
管住性ハチ類の前蛹_20170521

プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる