こんなに空って広いんや

屋根の上から空を見上げてみた。ここに空見台を設けられたらいいなあ。
Sky_20170614.jpg

西の空にレンズ雲多し

夕刻、西の空に次々と形を変えるレンズ雲が目立っていた。今日は、ここ数日と比べると気温は高かったが、風が強くて寒く感じる一日だった。

この空をバックに、冬鳥のコチョウゲンボウが真上を横切っていった。カメラをザックに仕舞った直後だっただけに、猛烈な悔いが残った。今日の夕刻のことは、コチョウゲンボウの名と共に、一生忘れないだろう。

sky_20170116_2.jpg


三日月

穏やかな正月の夕刻。札幌でも郊外になると、空がぐっとシャープになる。
三日月の対日照と宵の明星が美しかった。右下の斜面の光はオーンズ・スキー場の明かり。
sky_20170101_2.jpg


【追記】

星戀の またひととせの はじめの夜

『定本 星戀』(野尻抱影 山口誓子 著、深夜叢書社)

「1月」の一等初めに掲載された句で、天文古玩さんのブログにて教わった本の中から、年頭にふさわしい一句として紹介させていただきました。


雪雲進入

いやあ、この寒さ、たまらん(T_T)。11月にしていきなり真冬日じゃ。
夕方、生協屋上から北を見る。石狩湾から雪雲が進入してきている。真冬のような空模様だ。
sky_20161124.jpg

昨日輪切りにしたハッタンキョウのその後。
ストーブの前に置いておいたら、派手なひび割れが出現。
やっぱり一年くらいかけて、外でじっくりと乾燥させないとあかんみたいね。

ところで切り口を見て気がついたのだが、中心部はひび割れが少ない。
おそらくそこは、周辺部に比べて水分が少なく、かつ組織が緻密なのではないか。

ハッタンキョウ_3


牡丹雪

今日は朝から湿った雪。それも超ーでっかい牡丹雪!
計測した範囲では長径が最大で7〜8cmもあった。

snow_20161103_1.jpg

snow_20161103_2.jpg
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる