FC2ブログ

涼しい空気

停電と断水のインパクトは、確実に身体と心に残っていて、余震の度にそれが呼び覚まされる。

バイクに乗っていると、最近の空気は「涼しい」を通り越して「寒い」。
sky_20180910.jpg

震災の夜

震災で停電したことで、ひとつだけ良いことがあった。夜、星がきれいに見えたこと。

震災で停電して悔しかったことは、すぐ近くまで復旧したのに我が家の復旧までタイムラグがあったこと。

この二つを一枚の写真にしてみた。

9月6日の夜、友人からのメールで、お隣の豊平区まで電源が復旧したことを知り、庭で撮影。札幌では通常写らない天の川が上空から南の空に写っているが、電源が復旧した北側の空は灯りで星が消えている。

涙無くしては見られない一枚(涙)。

札幌市の銀河_20180906

何気ないモノからの…

庭に至るコンクリート製の階段がある。
コンクリートの三和土_20180905

何気ない、というか何ということもない、ただの階段であるが、そこから得た気づきは、自分にとっては割かし大きい。

ここは汚れる。ドロとか、埃とか、落ち葉で。しかし、この写真のように、ホースで水を掛けてブラシでごしごしやれば、これこのとおり、ピッカピカの元通り。こういう感じを好ましく思う。

例えば、見習い水兵さんが椰子の実ブラシで甲板を毎日磨くような労働。
例えば、台風で大荒れの朝、いつも通りの時間に配達する新聞屋さんような労働。

そんな感じ。

使い捨てではない。資源を浪費しない。健康に悪くない。そんな仕事(の仕方)を尊びたい。

台風21号の影響

札幌でも昨夜は強風が吹き荒れ、家が揺れたりして、なかなか寝付けなかった。朝起きると、家の壁にはびっしりと木の葉がへばりついていて驚く。乾くと取れなくなってやっかいなので、濡れている内にホースで水を掛けて取り除いた。その後は家の周辺の落ち葉の片付け。

近所の歩道では隣接する農場のトドマツが折れて道を塞いでいたり、栗の実が散乱していた。もう少しで収穫なのに、残念だ。
台風21号の影響_20180905

おそらくこれから、今回の台風の被害が明らかになってくると思うが、想像しているよりも大きいかも。

最近読んだ本 201808

『羊飼いの暮らし』(ジェイムス・リーバンクス著、ハヤカワ文庫)
→ 原書も購入。何度か読み直したい本。

『わたしがカフェをはじめた日。』(ホホホ座、小学館の復刻版)
『ガケ書房の頃』(山下賢二著)
→ どちらもホホホ座・山下さんの本。基本的な部分で共感できる人。

『がいなもん 松浦武四郎一代』(河治和香著、小学館)
→ 読んでいる最中だが、面白い。友人に薦められた。 この著者、知りませんでした。これから全部、読んでみたいと思います。
プロフィール

桃姫の飼い主

Author:桃姫の飼い主
南極大陸を横断したグリーンランドハスキー犬『キンタ』を曾祖父に持つ由緒正しい駄犬『桃姫』とその飼い主が綴る、北の空の観天”呑気”

なお、ブログ中の拙い写真・絵画イラスト・文章等の著作権は放棄しておりませんのでご留意ください。

宣言:「私は原子力を利用しない世界を求めます」

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる